レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

情報商材は詐欺なのか?私が過去に買った3つのレビューと注意点

hw20160702265616_tp_v

将来は自分で会社をやりたい!

仕事を辞めて自由に暮らしたい!

楽して稼ぎたい!

でも、なにをしていいのか分からない!!!

夢や希望やちょっと不純な気持ちが混ざりあった、そんなモヤモヤした状態。私も20代の頃はずっとそんな時期が続いていました。

そして、そんな中でどうしても目に止まってしまうのが「情報商材」でした。

「3日で稼げる!」

「単純作業で誰でも出来る!」

「月100万円も夢じゃない!」

などのウリ文句。普段ならそんなの嘘だとスルー出来ますが、当時の私にはまさにピッタリの求めていた言葉なんですよね笑

もちろん怪しいし、ウソかもしれない。だけど、口ばかりで全然行動に移せていないことに焦りを感じていた私は「詐欺かもしれないけど、動いてみなけりゃなにも変わらない!」と、いくつかの情報商材を購入した経験があります。

 

というわけで今回は、今まで買ったことのある情報商材とその内容。そして、買って良かったのか後悔したのか、もし情報商材を買うなら注意したいポイントをまとめてみました。

まさに今動き出したくてウズウズしている、けど後悔もしたくないあなたは是非参考にしてみて下さい!

今まで買った3つの情報商材

さて、まずは今まで買った情報商材を3つ。なぜ購入にいたったのかや内容などをまとめていきたいと思います。

桑原正守 マスターセールスプログラム

桑原正守さんっていう営業の世界で有名な人がいます。この人の営業は言い回しとか商品がどうこうではなく、心理学を使って相手の心を動かし押し売りせずに相手から商品を求めてくるような技術を使い、関わったすべての営業でNO.1になっているというとんでもセールスマンなんです。

私も当時営業の仕事をしていたのですが、成績の良い先輩は月100万近くも稼いでいて、学歴のない私は「歩合制の営業」という仕事に可能性を感じていました。

そしてある日、この桑原正守さんのDVDを見た時に「このスキルを学べばこの会社でもトップ取れるんじゃないか」と思い、このマスターセールスプログラムを購入しました。(ちなみに料金は40万円くらいでした・・・笑)

 

商材は辞典や図鑑のような分厚い本。これは読むのが大変だぞ・・と思ったら、中にはCDも付いていて、文章を読み上げてくれます。自分で読むのはペースが乱れガチですが、読み上げてくれるので一定のペースで読み進めることが出来るんですね。

商材の内容は主に人とのコミュニケーションの取り方。営業だけでなく人生においてコミュニケーション能力は重要ですし、細かい営業テクニックを使うよりもまず自分自身を好きになってもらえれば営業成績は飛躍的に伸びます。

 

そんな内容なのですが、さすがコミュニケーションの達人ということで、中の商材は読みやすく、読むほど新しい発見もあったり、腑に落ちる内容ばかりで、内容はとても良かったです。

が、しかし、3分の1を読んだところで、もうその本を開くことはありませんでした・・・。初めは「40万も払ったんだから」とモチベーションがあったのですが、買った時点で満足することってありますよね。

最強の武器も使いこなせなければ意味がないように、買った本も読まなきゃ意味がありません。内容は良かったのですが、当時の若き私はその中身を活かすことが出来ませんでした。

トレンドアフィリエイト PRIDE

それから数年後、今度は「ネットで食べていく」と決めた私はアフィリエイトに興味を持ちました。

ですが私はネットが得意ではありませんしもちろんホームページも作れません。というわけで色々調べていると、どこかのサイトがこの「PRIDE」を紹介していました。

内容は、「普通の商材は教科書のようなもので、読むのも大変だし続かないし、ピンポイントで分からないことが出てきた時に困る。PRIDEはチャットを使って質問が出来たり、作ったものに対して添削をしてもらえる」という、アフターフォローが充実している商材だったんです。

詐欺かどうかも不安ですが、以前買った時に「内容が良くても自分が続けなきゃ意味ない」と学んだので、アフターサポートがあるPRIDEはすぐに購入。金額も10,000円だったので、これくらいの投資は当然だろうとも納得しました。

 

内容はとても◎。先生役の人が初心者の私の質問にすぐに答えてくれるのはとても助かりましたし、どこがどう悪いのかを教えてくれるのでネットの基本を実践しながら学ぶことが出来ました。

しかし、アフィリエイトはすぐには結果が出ません。しかし、毎日コツコツとやり続けることがなにより大事です。そして、アフィリエイトを始めた大多数の人達と同じように、私も段々と飽きてきて、少しづつ作業が減っていきました。

ちゃんと毎日やれば月10万は稼げたと思います。が、モチベーションが続かず断念・・・。

12週間コピーライティング実践プログラム

さて、アフィリエイトは辞めてしまった私ですが、コピーライティングにはとても興味が出てきました。

私は文章は得意ではありませんが、長文を短い時間で書けるという能力を持っています。そしてこの「文章を書く」というスキルは、ほとんどが文章で構成されているネット上で稼ぐためにはとても重要で貴重だということに気付いたんですね。

なぜコピーライティングが稼げるかを分かりやすくいうと、営業をやってた時には毎日多くても10人の人にしか営業出来ませんでした。ので、どれだけ営業スキルを磨いたとしてもMAXで10契約が限界です。

しかし、もし「物を売る文章を書けるスキル」があった場合。ネット上なら10人どころか、何百人、何千人の人に見てもらえる可能性があります。

そして、一度書いてしまえば私が寝ていても遊んでいても、その文章を見た人全てに、その文章が営業をかけてくれるんです。

これって夢の不労所得になるじゃん!そう思った私は早速「物を売る文章を書けるスキル」。つまりコピーライティングを勉強しようと思ったんですね。

 

買ったのはコピーライティング系の書籍を出しているダイレクト出版の「コンテンツマーケティング64の法則」。2,980円と本にしてはちょっと高かったんですが、「焼肉1回分!」と思って購入。

内容は、2,980円なだけあってボリューミー。売れる文章の書き方はもちろん、お客さんを集める方法など知りたいことは全て書いてあり満足でした。

 

さて、本題はここから。本を買った後、ダイレクト出版から「12週間コピーライティング実践プログラム」の紹介の手紙が来ました。

これはネット上から「音声」で講座を受けることが出来るもので、名前の通り12週間に渡って1から10まで学ぶことが出来る情報商材です。

料金は現在は分かりませんが当時は70,000円くらいでした。そして結果これを購入することになってのですが、理由は2つありました。

  1. 12週間(約3ヶ月)という期限が付いてるので頑張れそうな気がする
  2. コピーライティングのプロがしている手法が知りたい

今まで挫折も多かったので、やはり継続するための理由として70,000円は必要経費だと思いました。

さらに一番の理由となったのが、実際に文章で惹きつけて行動(購入)させる手法が知りたかったからです。なので、実際に自分がそれにのっかり、お客さん側の気持ちの変化を知るチャンスだと思ったんです。

 

ですが、内容が普通にかなり良かったです。ここで学んで一番心に響いたことであり、実感した言葉が「上手な文章と売れる文章は違う」ということです。

私も未だに文章を書くのが苦手ですし、難しい言葉や言い回しも知りません。が、実際に物を売ることが出来ました。

他にもそうですよね。売れているアーティストは一番歌が上手いかといったらそうではありませんし、歌が下手でも売れている人はたくさんいます。漫画家だってそうですよね。

なので、文章を書くのが苦手でも関係なく、ちょっとした「売るためのコツ」を抑えるだけでも十分に効果が出せるんですね。その内容はこの商材で全て学ぶことが出来ました。

買った意味はあったのか

さて、3つの商材を長々と紹介してきたのですが、実際に買った結果どうだったのか。それをまとめていきたいと思います。

お金を払うことでのリスク

成功をしている人は、私の知らない”何か”を知っているから成功しているんだと思っていました。しかし、正直言うと情報商材だけに書いてある情報で「これさえ知ってれば稼げる」というような秘密の情報は特にありません。というか、そういった方法はどこにも存在しません。情報商材やセミナーに行かなくても本やネットの情報で必要な知識は手に入るんです。

ダイエットを例に出すと分かりやすいですね。ダイエット法や商材は数え切れないほどありますが、食事制限と運動をすれば大抵の人は痩せられますし、そのことは誰もが知っています。

だけど、それがなかなか出来ない私のような人間もいます。方法は分かっているけどすぐに結果が出ないので不安になるし、結果が出なかったらどうしようともっと楽で確実な方法を探してしまうんですよね。

 

情報商材に秘密の手法は載っていません。しかし、情報商材をうまく使えばこんなメリットが生まれます。

  1. お金を払ったことで「やらなきゃ」と焦りが生まれる
  2. プログラムが組まれることにより、何から初めていいのかが明確になる

自分でちゃんと出来る人は情報商材なんてなくても成功出来ます。が、自分に甘えてしまう私のような人にとって情報商材は大きな意味をもたらすんです。

知識は一生残る

上で紹介した3つの商材のように、「やりながら覚える」系の商材のいいところは、稼げる稼げないに関わらず知識としては一生残るものとなります。

【マスターセールスプログラム】で学んだ「人の心の動かし方」は、営業の仕事以外にも、全ての人間関係において使うことが出来ますし、【コピーライティング】の商材では、確実に見た目よりも中身の重要性を上げる文章力があがり、仕事以外にもSNSや些細なメールでも活用することが出来ます。

つまり、情報商材は「投資」になるということ。夕食に1万円使っても次の日にはお腹がへりますが、投資は一生効果が継続します。

商材を買う時の注意!

さて、これを見て今買おうか悩んでいる商材を買ってみようと思っているかもしれません。

が、やはり怪しいものや効果がないもの。またスキルも身につかずにまったく意味のないことになる失敗もあるかもしれません。

が、私は今までいくつも商材を買ってきましたが、「詐欺だ!」という商材は1つもありませんでした。

参考になるかは分かりませんが、私が商材を買う時に注意しているポイントをまとめてみましたのでこちらもチェックしてみてください。

見た感じちゃんとしてるか

私って、美味いラーメン屋を店構えと看板で、ある程度判断出来るんですよ!笑

目安としてはこんな感じです。

  • 黒い看板は流行りモノ系
  • 木の看板は美味い
  • 赤、白の看板は庶民派
  • 黄色い看板はギャンブル

で、大体こんな感じで当たるんですよね。見た目と中身って思っている以上に一致するものなんです。(異論は認める)

何が言いたいのかと言うと、情報商材もサイトやセールスページを見れば大体分かるということです。

明らかに安っぽかったり、イケイケな販売者が腕を組んでキメてる画像があったり、「儲かる!」的な言葉が多いところは危ないですね。

もちろん手が込んでるサイトで悪いところもあるかもしれませんが、それは結構稀です。

なぜなら、現在はネットの時代。悪い噂はすぐに広まるものです。そんな時にせっかく手とお金をかけて作ったサイトが勿体無いですよね。悪いところは結構使い捨てのしょぼくて怪しいサイトが多いです。

楽して簡単は買うな

私が買った商材で、「3日で稼げる!」「単純作業で月20万!」「3ヶ月で月1,000万円突破!」など、いわゆる”おいしい話”は一切ありません。

なぜなら、本当にそんな話はないから。また、もし稼げたとしても長くは続かないからです。

私は一度、こんなコピーライティングに騙されそうになったことがあります。

「私はこの方法で使い切れないほどの大金を稼ぎました。しかし、一人で稼いでも孤独だったんです。なので、あなた達にこの方法を提供することにしました。」

前半まではまぁ信じてもいいでしょう。しかし、最後の一言は絶対にウソです。稼いでいる人ほど、いつかその収入が無くなるんじゃないかと不安になるものですし、稼げば稼ぐほどステージも上がるのでお金なんていくらあっても足りるものではありません。

また、情報商材にするには大きな手間がかかります。善意だけで見ず知らずの誰かのためにわざわざ商材を作るなんてリスクしかありませんし、誰もしません。

 

もう一度言いますが、楽に稼ぐ方法があるならその人が独占しているはずです。

私が買ったのは「学べば一生稼げるスキルが身につく」「諦めずにやり続ければ月20万円は稼げる!」など。おいしい話に飛びつくのではなく、一か八かのギャンブルをするのでもなく、ちゃんと読んで納得したものを購入しましょう。

憧れはやめとけ!

情報商材だけではありませんが、「お金持ちの有名人」の商材やスクール、塾に行って、その人に近づければ自分も稼げるんじゃないかと思っている人。要注意です!

成功者の近くにいればチャンスが訪れるなんてこともありません。もしそうならその人の周りは成功者だらけになっていきますね。

成功した人の言うことを聞けば成功出来るわけではありません。成功したいならば、成功した人と同じことをしなくてはいけません。

成功者の下に付いていてはいつまでも成功出来ません。成功したいのならば、成功者の横に並ぶ。気持ち的には追い抜いて上を行く気持ちを忘れないように。

まとめ

以上情報商材について長々と書いてみましたが、言いたいことをまとめると、

  • 「楽して稼げる!」は買わない
  • ネットや本の情報でも十分稼げる
  • 情報商材は途中で辞めないための保険
  • スキル系の商材なら、一生残る「投資」となる

情報商材の反対派は結構多いですが、私は使い方次第では、商材の内容以上の物を得ることも出来ると思っています。

自分でちゃんと計画を立ててサボらず行動出来る人には必要ありませんが、自分に甘い人や決心がすぐ鈍ってしまう人は、情報商材を買うことで強制的にスタートラインに立つことが出来ます。

また、情報商材を買うだけで成功することは出来ません。それを将来にどう活かせるかは自分次第。

気を抜いて、とにかく行動してみる。それがどうであれ「チャンレンジした」という経験は必ず将来に役立ちますよ!

 - おすすめ本

  関連記事

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-11-PAK85_pentonote20140313000808500-thumb-1000xauto-5621
ウェブセールスコピーの法則を読んだので評判・口コミをガッツリ紹介していきます。

「一本のペンを使って医者より稼ぐ方法とはどんなものか思いつきますか?」 マンガ家・小説家・作詞家 探してみるとたくさん出てきます...

image
『1万円起業』1万円で始めて年収1000万円越え!凄すぎ!?

「起業したい!」 満員電車に揺られて決まった業務を繰り返しこなし、下げたくない頭を下げて上司に媚びをうり、やりたいことは何も出来ずやら...