レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

白いたい焼きブームから学んだ、絶対に脱サラで失敗する理由

  失敗

b18eb129b937fa4b7be27ac4a6c61027_m

毎日同じ電車に乗って、同じ職場で同じ仕事をして、同じようなモノを食べて、同じような休日を繰り返す人生。

この先給料も上がりそうな様子はなく、決められた給料の中でしか夢を見れなくなる毎日。

そんな暮らしに、誰もが一度は考えるのが「脱サラ」です。

なぜなら、会社員やサラリーマンで毎日を充実させている人はほとんどいないからです。誰だってもっと稼ぎたいし、自由な時間が欲しいし、好きなことをして生きていたいと思って生きています。

そしてそんな中で実際に脱サラに足を踏み出す人も多くいますが、そのほとんどの人は失敗に終わってしまいます。

失敗する理由はそれぞれですが、その中でも多くの人が陥ってしまうパターンがあります。

それを代表とするのが「白いたい焼き」の話です。

「借金2820万円を抱えた。全部白いたい焼きのせい」

ある男が2ちゃんねるにこんなスレッドをたてました。

そろそろ死のうと思ってる。脱サラして上手く行くと当時は思っていた。家族に迷惑がかかるから店がヤバくなった時点で離婚。娘二人とは年に2回ほど会うのみ。死のうと思ってる。

かなり衝撃的な冒頭に目を引きます。一体なにがあったのでしょうか。

内容をまとめると、このような話でした。

地銀から独立へ

その男は早稲田大学を卒業して地方の銀行に就職しました。

結婚もして、4年間で貯蓄は1000万円を超え、全てが順風満帆でした。

そんな何一つ不自由のない暮らしの中で勝ち組の人生を送っていましたが、それと同時に地方での刺激のない毎日に飽き飽きもしていました。

そして独立を考えだすようになります。

白いたい焼きというフランチャイズに出会う

独立する条件を以下の3つのことを条件に入れて探し出しました。

  1. カンタンに始められる飲食
  2. 長期的に稼げるもの
  3. 原材料(コスト)が安い

そしてそんな中で白いたい焼きのフランチャイズに出会います。

屋台なのでコストも安く、特別な技術がなくても始められる。

そしてたい焼きという昔から馴染みのあるモノなので飽きられずに長く続けられる。

さらに「白いたい焼き」という珍しい商品なので話題性も抜群。

そんな白いたい焼きはこれから絶対に流行ると確信し、初期費用600万円をかけて脱サラをしました。

白いたい焼きとは

その名の通り白い色のたい焼きです。

材料にタピオカ粉などを使うことにより色が白くてモチモチした食感のたい焼きが出来ます。

さらに冷やして食べても美味しいので新しいスイーツとして大ブレイクしました。

ブームになった白いたい焼き屋の威力

1コ200円と、たい焼きにしてはちょっと高めの料金で売りに出しましたが、その珍しさとインパクトでたくさんの人が行列を作りました。

さらにテレビで紹介された翌日には3時間待ちの行列が出来るほどで、一日ではさばききれないほどの人気が出たんです。

 

そんな白いたい焼きは企業にも注目され、脱サラ組はもちろん、焼き鳥屋さんなどの飲食や屋台からも数々の企業や個人が参入してきました。

フランチャイズ本部側も間に合わないほどになり、やりたくても出来ない状態という考えられないような状態で、「白いたい焼き脱サラの会」というものまで出来ていたほどです。

さらに加速!13店舗にまで広がる

それからは波に乗り続け、店舗も増やして行きました。

また、地元でこれだけ流行ったんだから、都会に出したらもっとスゴいことになると、都内にも出店。全部で13店舗にまで増えました。

小さな店舗でも月に300万円近い売り上げがあり、手取りで年収5000万円。

さらに8店舗を増やす計画を進めて、このまま大成功の道を辿る。、、、はずでした。

ブームが去る

初めの頃は珍しさと話題性でたくさんの行列を作りましたが結局はたい焼きです。並んでまで食べるものではありません。

さらにテレビからも完全に消え、リピーターも付きません。

そして都内に進出してから間も無く、一気にブームが去ってしまいました。

いつものように、「今日は30万円を目標に頑張るぞ」と現場に出ますが、その日の売上は10コ。目標30万円が1800円の売上で終了。

売れずに余った1500コものたい焼きを捨てた時に「終わった」と思いました。

全店舗閉店。借金まみれに

そこからは後の祭りで、増やしすぎた店と人で毎月多額の赤字になり13店舗もあったお店は全部閉店。機械など売り払っても3000万円の借金が残りました。

それから3年間は借金とりに追われる毎日が始まります。

特にここまで負債を増やした原因は都内に出店したことでした。

初めの頃に一番稼いでいた店が常に人が溢れるショッピングモール内だったのです。

しかし、それと同じ感覚で都内のショッピングモールにも出店してしまったのがアダとなりました。

都内のショッピングモールの家賃は毎月なんと約13倍の140万円。

さらに2年間の縛りがあり、もし途中で閉店する際も2年分の家賃は一括で精算しないといけなかったのです。

ブレイクは人を狂わせる

話だけ聞くと、「バカだなぁ」と思ってしまいますが、この人は以前は地銀で法人融資の担当をしていました。

上司からも認められる実力もありましたし、本業を自分の手の届く範囲でやっていればいいのに色んなものに手を出して夜逃げする企業をたくさん見てきたので、事業の失敗パターンも熟知していたはずでした。

しかし、本人も認めていましたが、実際に事業をする側に立ってしまうと欲が止まらなくなり冷静に見れなくなると言います。

その時は出す店全て大ヒットで、全国のお店の店長から

「すごい行列で人手が足りません!」

「材料が足りません!」

「営業時間をもっと伸ばしましょう!」

と毎日電話がかかってくる状態が続いていました。

そんな状況に実際なってみると、目の前には行列があるのにそれを逃すのはお金を捨てるのと同じで心の底から苦しくなってしまう。

さらに人を増やせば、店を増やせば増やした分だけ売上が上がっていくのを間近で見ていると、もう先のことは一切考えられなくなってしまうと言います。

そして、、、

その後、借金は家族にまで飛び火し、離婚。借金の一部は親にも払ってもらっている。

もうどうしようもない状態で、現在は死ぬしかない状態というところまで来てしまいました。

その後の安否は分かりませんが、年収5000万円が突然借金になったその状況は想像もつきません。。。

白いたい焼きブームの裏には、、、

たい焼き市場は2004年には78億円程度のものでした。しかしその5年後には388億円と、約5倍に成長したのです。

その後もテレビやメディアで紹介され続け、ビッグマーケットに発展しました。

ですがその後は恐ろしい速さで衰退し、もはや何もなかったかのようになります。

さて、昔からある一般的なたい焼きが何故こんなにも一大ブームを作り上げたのでしょうか。それにはこんな説があったんです。

製粉メーカーが仕掛けた!?

このブームで一番儲けたのはFC本部と言われていて、コンサル料や加盟金だけでも数億を稼ぎ出し、かなり儲かったそうです。

そして、このブームを作り上げたと言われているのは製粉メーカーの鳥越製粉です。

鳥越製粉は3年をかけて白いたい焼きの粉を開発しました。そして不況で苦しむ配管工事業の尾長屋に話を持ち掛け、白いたい焼き屋を開店させ、それが火付け役となり、瞬く間に広がったと言います。

誰かが、「アメリカのゴールドラッシュで一番儲けたのは発掘者より発掘器具を販売した人だ」と言いましたが、今回の件もこれにあたりますよね。

全国に広がった白いたい焼き屋さんから材料費を搾取した製粉メーカー。

加盟金やコンサル料で数億を得たFC本部。

ブームが去り借金がだけが残ったのは脱サラ組だけとなりました。

企業生存率が低い理由

企業はどれだけ生き残るのかを表した企業の生存率を見ると、このようになっています。

  • 1年→40%
  • 2年→15%
  • 3年→6%

独立、起業してもわずか1年で半数以上が。そして3年になると94%が倒産する結果になっています。

数字だけ見るとかなりヒドい結果で、起業なんてしたくなくなりそうですが、実は倒産の1番の原因になっているのが、まさしくブームに乗った流行り物での独立です。

 

この企業生存率は、言いかえればブームの継続率としても見れます。どんなブームも1年で興味半減。3年後にはほとんど忘れられていますよね。

お笑い芸人で例えると分かりやすいので、この企業生存率をテレビ露出率に置き換えてみます。

1年前に活躍した日本エレキテル連合。今年に入ってテレビの露出が半分以上減った気がしませんか?

冷やし中華の歌を歌ってたAMEMIYAや、右ひじと左ひじを交互に見て欲しい2700が流行ったのは3年前です。ほとんど見なくなりましたね。

人が新しいモノに興味を持ち続ける期間がまさに企業生存率と比例していませんか!?

しかし、それでも現実には多くの人が「どこかにいいアイデアないかな」とか「こんなのがあったら流行るんじゃないかな」と、当たり前のようにブレイクを目指してしまいます。

ブームに乗らない人が勝つ!?

白いたい焼きが廃れた問題の一つは、味にありました。

同じ材料を同じレシピで作っても、焼き方によって大きく味が変わってしまうのが白いたい焼きです。

しかし「美味しい物を提供したい」というよりも「白いたい焼き」という商品力に目を付けたまったくの未経験者が集まってしまいました。

そのことにより店によって味はバラバラ。さらにバイトを使い、混雑の中でやっていれば味はドンドン落ちていく一方です。

珍しさで注目され行列を作りましたが、一度食べて「あぁこんなもんか」と思わせてしまえばリピートはつかなくなりますよね。

 

ちなみに長年継続している普通の茶色いたい焼き店は、どのお店でも同じ味が出せるようにしっかりとした研修、修行期間を儲けています。

大きくは儲けてはいませんが、しっかりと土台を作って美味しいものを出し続ければ、ブームなどなくても、珍しくもないどこにでもあるような商品でも常連が付いて、長く商売をすることが出来ています。

まとめ

最後にまとめると、

  • ブームはいつか去る
  • 規模を大きくすればするほどダメージもデカくなる
  • 売れている状態では冷静でいられなくなる

ということが学べました。

本当に、こんな話を聞くと笑っちゃいますよね。「なにやってんだ」「当たり前だろ」「おれならもっとこうする」などと思うかもしれません。

しかし、白いたい焼きを始め、ほとんどの企業がこのように倒産していきます。

マネーの虎で絶対的な成功者として出ていた社長達も、その後にはこのような理由で次々に倒産していってしまいました。

明日は我が身。傍から見たら笑っちゃうような話ですけど、その状況に立つと本当に笑えないようなことになってしまいます。

目先の利益に溺れずに、しっかりと足元を見る。難しいけど大事なことです。

 - 失敗

  関連記事

image
起業したいけど失敗したらどうしよう!?借金への不安をなくす方法!

「成功率6%!?それでも起業しますか??」   こんにちわ起業マンです(`・ω´・)ノ" 起業したいと思っても多...

KOKO85_penwomotutwint500 (1)
脱サラ起業の新しいスタイル!?絶対失敗しない3つの方法

会社務めをしてそれなりにやっている人も中にはいますがほとんどの人はやりがいも特になく、 上司やお客さんの人間関係に疲れたり、休みが少な...

N112_penwomotujyosei500
起業する人はどんな動機や目的があるの?成功する特徴はどれ?

サラリーマン、会社員として生きることをやめて起業する生き方を選ぶ人が多くいますよね。 確かに一生雇われて生きるより自由でかっこよくて憧...

MAX87_burankodekodoku20140531500 (2)
あなたは大丈夫?独立・起業で失敗する3つの常識と必ず成功する方法

「いつか独立して自由に生きていきたい!」 「将来起業して今よりもっと稼ぎたい!」 そんな風に、ほとんどの人が漠然と起業に憧れを持...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MM85_tanyao15151153-thumb-1000xauto-18416
10回の失敗談から学ぶ!必ず成功するオススメの副業とは!!

こんにちわ!(こんばんわ!)起業応援サイトのレッツ起業です☆ 今日はとっても面白い記事があったので、その紹介や感想を書いていきます。 ...

image
学生起業しようぜ!若者が成功する13のポイント

「就活なんてしているヒマないっ!!」   こんにちわ起業マンです (`・ω´・)ノ" 起業するなら若いうちとよく...

Green18_nakunaru20141123143758_TP_V
転職を失敗してから後悔したくない!良い職場を見つけるこれからの方法とは

「今の職場に耐え切れなくなり思い切って転職!・・・しかし、新しい職場はもっと嫌なところだった!!」 そして「今までの職場は全然マシだっ...

bsMAX86_ugegege20150207110830500
しくじり先生でのオリラジあっちゃんの名言が熱すぎたのでまとめてみた

以前ブレイクを果たしていたにも関わらず、めっきりテレビに出なくなってしまったり、大きな問題を起こしてしまった芸能人が先生として登場し、当時の...

AMI85_honyomumorigirl500
起業準備の前に確認!!失敗しないお店厳選リスト6!!

よーし準備万端だ!   そう思い立ちいざ起業! ウダウダ迷うよりは一歩を踏み出したほうが大いに意味があります。 ...

GREEN_FU20140125500
起業のブームに乗るな!!これから流行るものは全て失敗する!?

「企画書出来ました!これは必ず流行り・・・ああああああっ!!!」   こんにちわ起業マンです(`・ω´・)ノ" ...