レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

これを見れば一発で分かる!!派遣とバイトのメリットや違い!!

  知識

仕事を探していると派遣社員とアルバイトの二つがありますよね。

なんか聞いたことはありますし、なんとなくは分かっているんだけど、意外と違いを詳しくは知らなかったので調べてみました。

結局派遣とバイトはなにがちがうの?どっちがいいの??

data-ad-format="rectangle">

雇用形態の違い

たとえばパチンコ屋さんがあります。

バイトで入るのならパチンコ屋さんに面接に行き、そのパチンコ屋さんから給料をもらいます。

一方派遣の人は派遣会社に登録をしてパチンコ屋さんを紹介されます。給料は派遣会社からもらいます。

仕事内容の違い

バイトは特に制限なく働けるのがほとんどですが、

派遣には、仕事の内容もお店側と派遣会社で契約がなされています。

ゆえに、その契約内容に無い仕事は派遣の場合出来ません。

とは言っても実際は細かいところになりますが。(レジ打ちをやってはいけないとか)

ちなみに逆を言えば派遣側には言われた仕事を断る権利があるということになりますが、

実際お店に入ったらグレーなところも多いと思います。

 

期間の違い

バイトで入った場合、半永久的に働くことが出来ます。

何か大きな問題を起こさない限り、ただ「使えないから」「嫌いだから」のような理由で解雇することは法律で禁じられています。

しかし、派遣は数ヶ月ごとの更新です。

もし3ヶ月契約であれば、3ヵ月ごとに双方で継続するか否かを決め、また3ヶ月と続いていきます。

なので、その契約更新の時に仕事がなくなるかもしれないというデメリットがあります。

もちろん派遣会社はあなたを働かせることが仕事なので

すぐに違う働き先を紹介してくれたりはしますが、

同じ店で半永久的に働くというのは形態上なかなか難しいのです。

 

給料の違い

同じ仕事時間、同じ仕事量だったとしても派遣の方が給料が高いです。

なぜならお店が人間を直接雇うというのはとても大変だからです。

求人広告に載せるのもすごい額がかかりますし、雇っても1から育てるというのはなかなか根気がいりますね。

しかしそれらを全部省け、即戦力で使いたい期間だけ働いてくれる。

そして人材の管理などもすべてやってくれる。

そういったメリットがあり、お店側は派遣会社に多くのお金を渡します。

広告費や育成費などの分が派遣の給料に反映されているといったイメージですね。

そんなカラクリで派遣の方が給料がいいんです。

 

失業保険の違い

バイトの場合、店を辞めた理由が「自分都合」なのか「会社都合」なのかによって、失業保険をもらえるまでの期間が違います。

「自分都合」の場合、申請してから失業保険をうけとれるまで3ヶ月かかります。

「会社都合」(不正解雇または倒産などでどうしようもなく仕事をおわれた時)この場合はすぐに受け取れます。

でもバイトで辞める時ってほとんどが「自分都合」になりますよね。

一方派遣の場合は、退職の理由が「契約満了」となり、1ヵ月後にはもう失業保険を受け取ることができます。

 

働き始めやすさの違い

バイトは自らの力のみなのに対し、

派遣にはバックアップがあります。

あなたに合う仕事を代わりに探してくれ、

お店側にあなたの長所を一緒に伝えてくれます。

また、面接なし。簡単な面談のみで働きだせる場合もあります。

なかなか仕事先が決まらない場合は派遣のほうが圧倒的にいいですね。

 

立場の違い

お店の子が急遽辞めてしまった。人が足りないけど求人広告をうってる暇が無い!

そんなときに店側は「だれかいい人よこして!」と即戦力の助っ人を派遣会社に頼む。これが派遣社員です。

なのでどれだけ仲良くなってもバイトと派遣は違います。

お店で働くバイト達は言わば家族です。

派遣は「養子」または「ホームステイ」のようなもの。

ゲスト扱いされる場合もありますが、健康診断や社員旅行。

また、社員割引などそういった特典も受けられないことが多いです。

 

まとめ

バイト

  • 長い期間働ける見込みがある
  • 仲間と一緒に頑張れる

派遣

  • 給料がいい
  • 仕事が見つかりやすい
  • 契約を更新されないリスクがある

 

まとめの結果

安定して楽しく働きたいなら→バイト

集中してがっつり稼ぎたいなら→派遣

というようになりそうですね!!

 - 知識

  関連記事