レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

【完全版】トレンドアフィリエイトの始め方から記事の書き方まとめ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_355215221321-thumb-1000xauto-17902

「アフィリエイトを始めたいけど自分に出来るか不安」

そんな今から始めようとしているあなたにおすすめなのがトレンドアフィリエイトです。

トレンドアフィリエイトとは、流行りのキーワードから記事を書いていくブログ形式のアフィリエイトで、初心者でも始めやすいジャンルのひとつです。一般的なアフィリエイトでは多少ビジネスよりで専門の知識が必要になってくることもあるので、とりあえず始めたいという人には特におすすめと言えます。

しかし、やってみたことがある人はもちろん、これからやろうかなと思っている人も、不安に思うことが多々あると思います。そしてその中でも一番誰もが思う問題になるのが、

「記事なんて書けない・・・」

Twitterでつぶやくくらいなら誰でもやってることですけど、誰かに役立つような記事を書くなんて難易度高く感じてしまうかもしれません。

また、ほとんどの人は自分は文才がないと思っていますし、文才あると思っていた人もいざ書いてみると自信喪失するかもしれません。

 

しかし、なぜ多くの人は文章を書くことに苦手意識を持つのでしょうか。それには2つの理由があります。それは、習ったことがないから。そして、書いたことがないからです。

分かりやすく自転車で例えてみましょう。自転車に乗ったことのない人にいきなり「さぁ乗ってごらん」と言われても絶対に転びますが、手とり足取り教えてもらいながら実際に漕いで練習すれば誰でも乗れるようになります。

つまりこのアフィリエイトの記事もやり方をちゃんと学んで何度か書いていけば正直誰でも書けるようになります。どんな仕事も始めは絶対出来ないと思っても、先輩に教えてもらいながら何ヶ月か経てば大抵出来るようになりますよね。

 

さて、そんなやり方のコツを学ぶためにはどうすればいいか。本屋に行けばアフィリエイトコーナーが出来ているくらいたくさんの本が売っています。またネットで調べれば成功者が情報商材を売っていたりします。

ですが、

  • 多すぎて何を買えばいいのか分からない!
  • 出来るだけお金をかけたくない!
  • ぶっちゃけ勉強するのがめんどくさい!

という私のような人のために、今回は全部ここに書いていきたいと思います。初心者の人が見ても分かりやすいように専門用語などは端折って書いていきます。が、上級者でも使える実践的なものを出し惜しみせずにまとめてみました。

「トレンドアフィリエイトってどうなんだろう?」と言う人も、「ネットで稼ぎまくりたい!」と燃えている人も、是非参考にしてみて下さい。

トレンドアフィリエイトは稼げる?

まず実践的なことを紹介するまえに、そもそもトレンドアフィリエイトは稼げるのかをおさらいしてみましょう。

さて、トレンドアフィリエイトは稼げるのでしょうか。答えは「稼げる」です。正確には「一般的な他のビジネスよりは稼げる」といった方が正しいかもしれません。

 

一般的なビジネスは少なくても数100万円から数千万円の資金がかかります。また、人件費がかかります。店舗を持てば家賃もかかりますし、商品の仕入れやらなんやらで、とにかくお金がかかります。

なので、例えば月に100万円を稼げたとしても、そういったコストを引いていけば手元に残るのは半分以下。つまりいくら稼いでも儲かりにくい仕組みになっています。

しかし、アフィリエイトは資金がほとんどかかりませんし、毎月のコストもサーバー代やネット代、作業する時のカフェ代などとたかがしれています。つまり、100万円稼げればそのほとんどが自分の収入になります。

 

また、コストがないということは赤字もないということで、借金を負うこともありません。ということは何度でも挑戦し続けることが出来るので、成功するまでやれば必ず稼げます。他のビジネスでは資金がショートしてしまえばそこで終了。もう少しで成功出来たかもしれないのに泣く泣く撤退しなければいけない時があります。

そういったビジネスの視点で見てみると、アフィリエイトは他のものと比べて稼ぎやすいビジネスだと言えます。

今から始めるのは遅い?

ほとんどの人が気にするのが、「アフィリエイト自体は上手く行けば儲かるというのは分かるんだけど、今さらアフィリエイトに参入するのって遅くない?」ということだと思います。

本屋さんに行ってみたりネットで調べてみるともうかなりの成功者が出ていることが分かります。なので、これから自分が始めても収入を得られる隙間が残ってないんじゃないかと思ってしまうんですよね。

しかし、結果から言うと全然問題ありません。逆にGoogleの仕様が変わったので、以前まで流行っていた「金儲けアフィリ」が通用しなくなり、「正々堂々と頑張るアフィリ」が評価されるようになったため、今からでもしっかりやっていけば問題なく稼げます。

 

また、「先輩達に勝てるわけがない」と思っている人もいるかもしれませんが、ひとつ耳寄り情報をお伝えさせていただくと、1位にならなくても、水面下でも十分稼げます。

なぜなら、昔は「スマートフォンなんて絶対使わない!ガラケーで十分!」と言って聞かなかった人達も今や全員スマホに機種変更し、小学生から高齢者までがスマホを使う時代になりました。そして、2015年にはPCからの検索数をスマホが上回り、1日に30億もの数の検索が行われています。

つまり、アフィリエイターがいくら多いといっても、スマホユーザーの方が圧倒的に多いので、無理して1位にならなくても、しっかりと誰かの役に立つ記事作りをしていればちゃんと成果が出るようになっています。

誰かの暇をつぶすことはお金になる

アフィリエイトを仕事と呼べるのかどうかはちょっとしたテーマになっています。一般的なイメージではあまりいいイメージはないかもしれません。なぜなら実態が見えないから。また、ブログを書くだけで稼ぐなんてちょっとズルい気もしてくるかもしれません。

しかし、しっかりとしたビジネスとして捉えてみると、アフィリエイトは誰かの悩みを解決するものにもなります。誰かが困った時にキーワードを入れて検索し、そこで問題が解決出来るような記事を無料で見れたらとても便利ですよね。そういった対価になっていると言っても間違いではない気がします。

 

また、役立てるような記事ではなく、ただの評論サイトやレビューサイト、まとめサイトなどのいわゆる「暇つぶしサイト」も多くあります。それを見て「そんなものでお金を稼ぐだなんて!」と批評する人もいるかもしれません。

しかしよく思い返してみると、マンガやアニメ、ゲームや映画、テレビのバラエティ番組などなど、何も役に立たなくても暇を潰せるようなものは立派なビジネスになっていますよね。

人の暇を潰すことはちゃんとした仕事として成り立ちます。なのでもしアフィリエイトを始めようとするのならただのお金儲けの道具ではなく、ちゃんとしたビジネスとして取り組んでみると、やりがいも出てきたり少し楽しくなってくるかもしれません。

もくじ

さて、それではアフィリエイトの始め方から実際のやり方のコツを5ステップで紹介していきます。ちょっと長くなってしまうのでもくじを作りました。一から読み進めてみてもいいですし、ちょっと眠くなってしまう人は必要なところだけピックアップして読んでみて下さいね。

1、サイトのジャンル選び

まずはどんなサイトにするのか。何を中心に書いていくのかを選んでいきます。

2、サイト制作

ジャンルが決まったら、これからあなたの記事を載せていくサイトを作りましょう。おすすめの作り方や作る際の注意事項を紹介していきます。

3、キーワード選定のやり方

サイトが出来たらいよいよ実際に記事を書いていきますが、その前にどんな記事を書くのかのキーワード選びのコツを教えます。このキーワード選定、ネタ探しが一番大変かつ重要ですので是非チェックしてみてください。

4、【実践編】書き方のコツ

実際に記事を書き始めていきます。実際に使える誰でも簡単に、手を止めずにスラスラと記事を書いていけるコツを紹介します。

5、知っておきたい3つのポイント

トレンドアフィリエイトを続けていくため重要な、知っておきたい3つのポイントを紹介します。

それでは紹介していきます。

1、サイトのジャンル選び

さぁまずはサイトのジャンル選びです。「ジャンルってなんだ」と思うかもしれないので簡単に説明しますね。

アフィリエイトブログは、オールジャンルよりもジャンルを特化した方が良いと言われていますし実際にそうだと思います。どんなジャンルがあるのかというと

  • 誕生日やクリスマスなどの記念日別に、おすすめの「プレゼント」を紹介するサイト
  • 芸能人や気になるニュースなどをまとめて紹介する「時事ネタ」サイト
  • 裏ワザやトリビア、知って得する「お役立ち」サイト
  • ゲームやアプリ、映画などの「感想・レビュー」サイト

などが有名で始めやすいジャンルと言えますが、他にもたくさんあるので穴場のジャンルを探してみたりあなただけのオリジナルサイトを作るのも楽しいですね。

稼げるジャンル < 得意なジャンル

ジャンルを決める際に、稼げるジャンルを探す人がほとんどだと思います。どんなジャンルが「稼げるジャンル」なのかというと、アフィリエイト商材があるジャンルを指します。

アフィリエイト商材を取り扱うサイトをASPと略しますが、その中でも有名なA8.net
というASPサイトがあります。このサイトに無料登録するとあなたのサイトに様々な広告を載せることが出来るようになり、載せた広告から商品の購入などのアクションがあった場合には報酬を得ることが出来ます。

色んなジャンルのアフィリエイトがありますが、例えばクレジットカードは報酬も広告も豊富ですね。なのでクレジットカード比較サイトで上手くいけば、それなりのバックが期待できます。逆にいえば、例えば「気になるニュース」を紹介していくサイトを作って上手くいっても、載せられる広告がないので、稼げないジャンルになってしまいます。

 

しかし、そんな場合にもGoogleアドセンスという便利な広告があります。これは、人それぞれの検索履歴などを考慮してその人に合った広告を出してくれるというものです。つまり、載せるアフィリエイトがなくてもアクセスが稼げれば収入にはなるということなんです。

また、アフィリエイトに一番大切なのは、記事を書き続けることです。例えばカードローンが儲かると言われてもそれに対して記事を書けますか?そして何記事も書き続けられますか?

知らないジャンルを選んでしまうと、記事の更新がかなり億劫になります。何を書くにもいちいち調べなくてはなりませんし、知識のない人が調べて書いた記事はオリジナリティがないし内容も薄くなってしまい、結局「ウィキペディアを見たほうがいいや」となります。また、稼げると思って選んだジャンルだとすぐに成果が出なかった時に諦めるのも早くなってしまいがちです。

 

なので一番いいのは、稼げる稼げないは置いておいて、自分が好きだったり興味があるようなジャンルにすること。もっと言うなら「そのことについて朝まででも語れるようなジャンル」がおすすめです。

そんなジャンルにすれば、知らないジャンルと比べてスラスラ書いていけますし、他のサイトにないような情報も載せられると思うのでサイト自体が強くなっていきます。またなにより自分自身の知識を思う存分書いていけばいいので、やってて楽しいと思います。

アフィリエイトで「良い記事」を「書き続ける」には「あなたが楽しめるジャンル」であることが重要ですね。

穴場の見つけ方は些細なこと。またはターゲットを下げる

それでもなかなかジャンルが決まらない場合は、もう少し些細なニッチなものを考えてみましょう。それを見つけるにはあなたがよく誰かに頼まれるようなこと。誰かに聞かれた時に答えてあげられるようなことです。

もちろんプロフェッショナルな知識は必要ありません。自分の周りで優れている程度で十分です。あなたがしている仕事のことや趣味の知識などでも、知らない人から見たら教えて欲しい情報になります。

 

さらにそれすらないという人にもとっておきの方法があります。それは、ターゲットのレベルを落とすという技です。

例えばパソコン関係のサイトを作るとします。かなり専門的な知識が必要になりそうですが、親や親戚、子供にパソコンを教えてと言われたら教えられますよね。

そんな風に、専門用語一切なしの初心者向けサイトにするとあなただけの穴場サイトになります。詳しい知識ではなく、見やすくて初心者や高齢者、子供にも分かりやすいサイトにすることであなただけのオリジナルのサイトにすることが出来ます。

ジャンルは広くていい

「ジャンルに特化した方がいい」とは言いましたが、特化しすぎるのも危険です。理由は2つあります。

まず1つが、穴場キーワードを逃すということ。アフィリエイトは水面下でももちろん稼ぐことが出来ますが、出来れば1ページ目の一番上を目指したいですよね。ですが、あなたが思いつく全てのジャンルはすでに誰かが始めています。つまり、ライバルが必ずいるということです。

そこで、ライバルを超すことも大事ですが、一番カンタンなのは同じジャンルの中でもライバルが誰もいないキーワードを見つけること。誰も思いつかないような穴場キーワードを見つけることが出来ればなおいいですね。

しかしそんなキーワードは考えても思いつくものではありません。ではどんな時にひらめくのかというと、アイデアを出し尽くした時に出ることが多いです。しかしそんな時にジャンルが狭すぎると、自由な発送が出来ませんね。

 

そしてもう1つが、特化しすぎるとすぐに書くことがなくなってしまうということ。これからそのジャンルについてなん記事も書いていかなければならないので、ジャンルが狭すぎるとすぐにネタ切れ必須です。

そこまで特化しなくてもサイト的には影響ないので、ジャンル決めは記事を書く際のひとつの基準を設けるくらいの感覚で決めても構いません。

2、ブログを作る

ジャンルが決まったらいよいよサイトを作る過程に入ります。始めての自分だけのホームページ。デザインやコンテンツをこだわりまくりたいのは山々ですが、重要なのは中身です。

なので、サイトは出来るだけシンプルに。記事が読みやすいことを一番重点に置きたいところです。

自分で作るより作ってもらった方がいい

WEBの知識がまったくない私が始めてサイトを作ろうとした話です。とても貧乏症でケチな私は「少しでもお金をかけないぞ」と心に決めていたので、サイトで調べながら自分で作りました。その方が愛着も湧くだろうし、WEBの知識も覚えたいなと前から思っていたからです。

しかし、結果思ったことは、「自分で作らなきゃよかった」です。なぜなら、

  1. かなりの時間がかかった(1週間程度)
  2. 時間がかかった割には出来が悪い
  3. サイト制作の知識とアフィリエイトの成功は関係ない

という理由ですね。出来上がったサイトはかなりクソで相当ダサいですし、専門知識は調べてもよく分からなくて時間だけが経過してイライラしちゃうし、結局ネットで調べながら作ってもWEBの知識は付きませんでした。

 

ということで、もしあなたがWEB制作の知識がないのであれば、専門家に頼むことをおすすめします。そうすればスグに質のいいサイトが出来上がるので効率的です。しかし、知り合いに頼むとサイトが知られてしまうので恥ずかしいし、業者に頼むのは高いし「そこまでするのはちょっとな・・・」と思ってしまいます。

そこで、そういった場合にはココナラというサイトを使うととっても便利です。ココナラは一言で言うと「モノを売らないフリーマーケット」です。特別な知識やスキルがある個人に、業者に頼むよりも格安で頼めるサイトです。

このサイトを使えばWEB制作の知識がある人が5,000円程度で請け負ってくれます。自分で勉強したり調べて作る時間ももったいないし、時間をかけるべきはここではないので、その手間を考えたらココナラで頼むのをおすすめします。

【ココナラ+】

アドセンス・ASP・アナリティクスはいらない

アフィリエイトを始めるために欠かせないものが大きくわけて3つあります。アフィリエイトの三種の神器といったところでしょうか。

まずひとつはGoogleアドセンス。見る人によってその人が興味あるであろう広告にしてくれるサービスで、クリックされるだけで10円〜200円程度の報酬が発生します。

次にASP。有名なところだとA8ネットやバリューコマースなどがありますが、これらのサイトには様々なジャンルの広告が掲載されているので、その中から好きな商材を選んで自分のブログに貼ることが出来ます。クリック後実際に商品を購入されたり、サービスに登録してもらうことで報酬が発生します。報酬額は100円〜30,000円が目安ですがピンきりです。

最後はGoogleアナリティクスです。あなたのサイトのアクセス数を知ることが出来るサービスです。さらに検索された時間帯や、どんなワードで検索されてきたのか、滞在時間など、かなり細かいデータを見ることが出来ます。

 

これら3つは登録や申請、設定が必要で、アフィリエイトを始める時には一緒に準備するものになり、どのサイトにもまずはこれらを取り入れる方法が書いてあると思います。

が、個人的にはこれ、やらなくていいと思います。「え?これないと収入にならないよ」と思うかもしれませんが、2つの理由があります。

 

まず1つは、この設定にも時間がかかるということ。ここで躓いてしまうとスタートラインに立つ時間も遅れてしまいます。それにより熱も徐々に冷めてしまったりすることもありますし、これらは結局記事がなければ意味がありません。まずは記事を増やすことが大事なので、ここで時間はあまり食いたくありません。

そしてもう1つ重要なのが、アフィリエイトには欠かせないこの三種の神器が、スタート時にはモチベーションの低下に繋がる要因になり得ると考えているからです。

 

アフィリエイトが収入になってくるには少し時間がかかります。1ヶ月はもちろん、2ヶ月はアクセスはないと考えていた方がいいです。そんな時にワクワクしながら準備したアドセンスやASPを見ても、まったく収入になっていません。そしてアナリティクスでアクセスを見ても、せっかく作ったサイトに誰も来てないことしか分かりません。

なぜなら、初めたては記事が全然ないからです。これが飲食店ならメニューが真っ白の状態。服屋なら棚に商品がまったく並んでない状態だと思えば分かりやすいでしょうか。さらに初めたてで認知度もないのですからお客さんが来ないのも当たり前ですね。

なので、三種の神器を揃えるにはある程度記事がたまってきて、アクセスが増え始めたなと感じた時でまったく問題ありませんし、今はまだ稼ぐ段階ではなく、記事を更新することに慣れることを優先的にしていきたいです。

SNSにも力を入れるべきか

TwitterやFacebookなどのSNSは、アフィリエイトには非常に重要なツールになります。一番大きな恩恵は、拡散するということですね。

もしあなたの記事が影響力のある人にツイートされたり”いいね”された日には、日本中に拡散され、シェアの連鎖が起こり、爆発的にアクセスが起きます。これを「バズる」と呼びますが、アフィリエイターやブロガーなら誰もが憧れることです。

また、秒速で稼ぐで有名な与沢翼は、有名ブロガーに直接アポをとって、紹介してもらえないか交渉し、それがきっかけで大きな成功を得ました。そこまでとはいかなくてもフォロワーをお金で買ったりと、他にも様々なSNSの戦略があります。

 

しかし、これもまた狙うべきではない戦略だと考えています。もちろん多くの人にシェアされることは憧れることですが、知名度が上がればその分敵も増えますし、ネガティブな批判をされたり炎上してしまうこともあるでしょう。

また、SNSからのアクセスは一時的なものです。ある程度拡散が終わればその記事は埋もれていくので、定期的にバズらせなくてはならずこれはかなり大変なことです。

なので、次の章でも詳しく解説していきますが、しっかりとキーワードを選定して、SNSよりも検索でアクセスを集めるようにしましょう。その方がアクセスも安定しますし、あまり気負いせずにフラットな気持ちで更新していくことが出来ます。

3、キーワード選定のやり方

サイトが出来たらさっそく記事を更新していきたいところですが、記事を書く前にまずはどんなキーワードを狙うのかを決める必要があります。

キーワードとは検索キーワードの事で、Googleで検索した時にどんなキーワードでその記事をヒットさせたいのかを決めたら、それをタイトルに盛り込む必要があります。

 

この”キーワード”を無視した場合、例えば「ちくわマンの物語」いう創作記事を書いたとしましょう。それがどれだけ面白くて良い出来だったとしても、誰にも読まれることはありません。なぜなら、日本中の誰もが「ちくわマン」とは検索しないので、誰もこの記事に辿りつけないからです。

この例えは大げさですが、アフィリエイトの類似するもので「ブロガー」と呼ばれる人もいます。しかし、このブロガーとアフィリエイターは似て非なるものだと覚えておきましょう。

 

ブロガーは名前が知られれば稼ぐことが出来ますがそれには面白い記事を更新し続けなくてはいけません。漫画家に近いイメージですね。

アフィリエイトは、誰かが検索した「クエスチョン」によってあなたなりの「アンサー」を提示するものです。内容よりもキーワードの方が重要と言っていいくらいですね。毎日コンスタントにたくさんの人が検索しているキーワードを見つけて、多くの人の目にまずは止まることが成功のポイントになります。

キーワードツールを使う

さて、そんなキーワードですが、どれくらい検索されているのかはGoogleキーワードプランナーを使えばカンタンに調べることが出来ます。

調べ方はまずGoogleアカウントからログイン、「新しいキーワードを見つける」からキーワード検索。入力部分に気になるキーワードを入力し、下にある「候補を取得」ボタンを押します。

取得したら「キーワード候補」のタグに切り替えると、そのキーワードが毎日どれくらい調べられているのかのボリュームや、関連するキーワードの候補まで調べることが出来ます。

ボリュームの数は目安ですが、大体300〜くらいが始めは狙い目だと思います。1000以上あればなかなかのボリュームですし、また調べてボリュームがまったくない場合は書いたところで誰にも見られないと思って構いません。

 

また、単体のワードよりは、いくつかのキーワードを組み合わせたもので狙っていくのがおすすめです。

例えば「健康」という単体ワードだと27,100ボリュームもありますが、その分無数の検索結果が出てきてしまうので埋もれてしまいます。それに「健康」というキーワードは具体性がないので、どんな記事を書けばいいのかもわかりません。

そこでキーワードを増やしてみると、「健康 食事」で2,900ボリューム。さらに「健康 食事 レシピ」と3つ組み合わせても320ボリュームあります。こうしてキーワードを増やすことにより競合も減ってくるので上位に上がりやすいですし、キーワードを増やすことで書く内容も分かりやすくなってきますよね。

記事はまずは見てもらうことが大事なので、ボリュームが多いというだけで単体キーワードを狙うとただ埋もれてしまい、誰にも見られないまま埋もれてしまいます。なので複数のワードで書くことで上位に上がりやすくなり、上がってくればいずれ「健康 食事」でも上位に上ってきますし、そして結果的には「健康」という単体でも上がってきやすくなります。

 

まとめると、キーワードは3つくらいを組み合わせて50以上あればとっても狙いのキーワードになります。

ライバルは一切見ません!

キーワード選定をする際には「競合サイト」を知ることが重要だと言われています。。書く前には必ずそのキーワードで検索をかけて、そこに出てくるライバルサイトをチェックします。

そうすることでどんな記事が上位にくるのかという参考にもなりますし、またあまりに有名な強いサイトで上位を独占されていたりしたらそこキーワードは諦めるということも出来ます。

しかし、この競合サイトを気にするという行為、個人的にはまったく意味のないことだと思っています。

 

その理由の1つは、オリジナリティがなくなってしまうこと。上がっているサイトの内容や書き方が正解だと思ってしまうとかなり意識した記事になってしまったり、もうその記事自体を参考にしてしまったらオリジナリティのない二番煎じの記事になってしまいます。

なら先入観を持たずに純粋に、そのキーワードに対してあなたが思っていることや、「このキーワードで検索した時にこんな記事があったらいいな」と思うことを書いたほうが、オリジナリティに溢れたオンリーワンの記事が出来上がります。

 

また、一番の理由は、あなたの記事が上位表示するのかどうかは、あなたが決めることでもないし他の人が決めることではなく、「Googleが決める」ということです。

あなたが書いた記事が他の記事に劣っていると感じていても、書いた後に自分で見返してみて自信をなくすような記事だとしても、それが上がるかどうかは書いてみないと分かりません。そしてこれは本当によくあることですが、検索して一番上に来ている記事が一番良い記事かと言われると決してそうではなかったりします。

なので、書く前から諦めてしまうことほど無駄なことはありません。自分の可能性を潰していくだけです。なので、競合がどうあれ書けるキーワードは使う。いっそライバルは完全に無視してドンドン記事を増やしていきましょう。

ネタ探しの方法

さて、キーワードの調べ方はなんとなく分かりましたか?思いついたキーワードを調べてみて、ボリュームがあれば、イコールそれが「みんなが知りたがっている事」ということになるのでライバル関係なくドンドン書いていきましょう。

と、言ってはみたものの、そもそもそんなキーワードはどこから仕入れればいいのでしょうか。また、良いキーワードの見つけ方はあるのでしょうか。いくつかのネタ探しの方法をまとめていきます。

連想ゲームで探していく

例えばあなたが「健康」のことに詳しいとします。そうすると、まずは「健康」というキーワードが使えます。そして反対の「病気」と、それぞれの病名もキーワードに使えます。また、「生活」だとか「習慣」など、連想ゲームのように次々とキーワードを探していくことが出来ます。

また、コツとしては相手の気持ちを考えていくことが重要です。健康に対して悩みを持つ人はどんなキーワードで検索するんだろうと考えていくと良いネタが見えてきます。

1人よりも誰かと会話している時にひらめく

人と人との会話からアイデアは生まれてきます。ひとりで閉じこもって考えていても凝り固まった固定概念からはなかなか新しいものは生まれてきません。

誰かとそのキーワードについて語り合ってみる。相談したり意見を聞いてみる。こうすることにより、思いがけないところからとっておきのキーワードが見つかるかもしれません。

2ちゃんねるは便利なツール

気軽に語り合ったり相談する人がいない場合、2ちゃんねるはとっても便利なキーワード収集のツールになります。

2ちゃんねるは毎日至るところで様々なことについて語り合ったり話題をつくりあっています。そこでみんなの悩みや日々思っていること、そして人はどんなことに食いつくのかを知ることが出来ます。

もちろん2ちゃんねるの話題が一般の話題だと思ってしまうと危険ですが、とにかく2ちゃんねるは見ていてもおもしろいのでネタ探しには使えます。

生活のどこにでもキーワードは転がっている

他にもネタはいたるところに転がっています。

  • テレビ番組
  • ヤフーニュース
  • 知恵袋
  • 雑誌・新聞
  • 街中や生活の中

キーワード探しは意外に地味な作業です。なので常にアンテナをはってネタを探しましょう。そして、思いついたキーワードがあったらキーワードボリュームを確認し、ボリュームがあれば書く。その繰り返しですね。

検索され続けるもの

選ぶキーワードにはひとつ注意点があります。それは、検索され続けるキーワードであることです。

例えば、最近あったニュースについて記事を書いたとします。旬なキーワードはアクセスも増えるので一見良さそうですよね。しかし、旬なニュースは時間が経つとすぐに検索されなくなります。なのでアクセスを保つためにずっと書き続けないといけなくなってしまうわけなんです。

 

キーワードを選ぶなら定期的に検索されるようなキーワードを探していく。そうすることである程度記事が増えればあとは更新しなくてもアクセスを安定して稼いでくれるサイトが出来上がります。

いくつかの具体例をあげていきます。

毎日調べられているキーワード

健康、美容、ローンなど、上げていけばキリがないですが、時期に関係なく毎日調べ続けられているキーワードはアクセスが大きく安定します。

また、例えば1記事で1ヶ月に100アクセスしかなかったとします。しかし、まったく悔いることはありません。なぜなら、この記事はこれからずっと毎月100アクセスを稼ぎ続けるからです。

毎月調べられているキーワードで記事を書くと、それはあなたの財産になります。

定期的に調べられるキーワード

例えばクリスマス、お盆、正月などのキーワードは毎年決まった時期に検索が集中します。

また時期は狙えませんが、人名で記事を書けば、その人がテレビに出たりヤフーニュースに載るたびにアクセスが上がるので狙い目です。

詳しいもの

このキーワードもジャンル選びと同じで、まずあなたが書けるキーワードでなくてはなりません。

例えば、「ボールペンを復活させる方法」のキーワードが狙い目だからといって、あなたがその方法を知らなければ書けませんよね。また、他のページを参考にして記事を書いたとしても調べながらになるのでとても時間がかかりますし、内容も元にした記事よりは劣ってしまいそうです。

 

しかし、詳しいものと言われるとなかなか書けるものが限られてしまうと思います。そこでひとつ方法があります。それは観点を変えて書くということ。

例えば「スマートフォン」と言うキーワードは専門知識が必要そうなので自分には書けないと思ったとします。しかし、ちょっと観点を変えて「始めてスマホ持つお母さん」をターゲットに専門用語なしの分かりやすい記事なら書けますよね。

このような感じで、ターゲットを変えたり論点を変えたりしながら、自分にも書けるような書き方は出来ないかを考えて探してみましょう。

4、【実践編】書き方のコツ

「それではいよいよ記事を書いてみましょう!」と、いきなり言われても書けない!なんて人も多いと思います。

そんな人でも書けるようなコツを紹介していきます。

見出し(骨組み)を作るとかなり書きやすくなる!

何もない真っ白のページに「さあ記事を書いて下さい」と言われたら、こんな無茶ぶりはありませんね。日本人は特に自由が苦手です。夏休みの宿題はドリルより自由研究の方が悩みませんか?

なのでおすすめの書き方は、記事をアンケート方式にしてしまうということです。分かりやすく言うと、まず書く前に見出しから作っていくという方法です。

例えば「健康」をテーマに記事を書く場合、「さあ、健康について語って下さい」と言われても難しいので、このように見出しから作っていきます。

  • タイトル「健康」
  • 食事
  • 習慣
  • 運動
  • まとめ

例えば冒頭には「健康な体のためには3つのポイントがあります」と前置きをして、まずは健康的な食事のこと。そして毎日の習慣。おすすめの運動方法などを順番に書いていき、最後のまとめで内容を整理します。

このように先に見出しから作っていけば、何を書けばいいのかが分かりやすく、何もない白紙から書いていくより大分楽になります。

また、これでも迷ってしまう場合は、見出しをさらに細かく分解して分けていきましょう。

  • 見出し「食事」
  • 体にいい食べ物
  • おすすめ自炊レシピ
  • 外食は体に悪い?

見出しが出来てしまえばあとはそれについてアンケートのように順番に答えていくだけ。かなり書きやすくなると思います。

書く内容は関連キーワードで決める

これは個人の日記ブログではなく、誰かへのお役立ちサイトであったり、悩み解決ツールであったり、ひとつのエンターテイメントであったりするわけですから、見た人に「いいね」と言ってもらう必要があります。

なので、見出しを決める時は、実は適当に決めるわけではなくはたまた思い込みで作ってもいけません。見出しにはひとつのルールがあります。それは、「人が知りたいこと」を書いていくということです。

というわけでこの「人が知りたいこと」はどこを見て分かるのか。それは、関連キーワードツールを使うことでカンタンに調べることが出来ます。

 

関連キーワードとは、そのキーワードとセットにして検索しているキーワードです。関連するキーワードがまさにそのキーワードについて知りたいことだと言えますし、関連キーワードに該当しないことに関しては誰も興味がないことだとも言えると思います。

ひとつのキーワードを見つけたら、そのキーワードについて人はどんなことに興味があるのかを関連キーワードツールで確認し、それらを見出しに入れていけば自分自身も書きやすくなりますし、その記事を見た人にとっても、知りたいことが全部書いてある良質な記事だと思ってもらうことが出来ます。

記事ではなく友達にメールするような感覚で

記事を書いていく際にまず思うのが「自分は文章力がない」ということだと思います。うまい言い回しや言葉遣い、表現の仕方など、まるで小説に出てくるような文章を誰もが書けないと思っています。

しかし、そういったスキルは必要ない。もっと言うならば逆効果にもなりえます。なぜなら、多くの人がそういったいわゆる「しっかりとした日本語」を「読みづらい」と感じるからです。

こういったアフィリエイトの場合、どんな記事がいい記事と言えるのか。それは、文章力やクオリティではなく、「わかりやすさ」が全てだと思っています。それに、あなたの記事を見る人(ターゲット)はその道の詳しい人というよりは、そのことについてまったく知らない人の方が多いはずなのでそんな時に企業のプレゼンのような口調では伝わるものも伝わりません。

 

なので文章を書くというよりは、友達や家族にメールするような感覚で。想像しやすいようにまとめると、

  1. そのキーワードについて知り合いに「詳しく教えて」と言われてメールで送ってあげるように書く。
  2. 親に「これが知りたいんだけど」と言われて、代わりに調べてあげて親でも理解出来るように分かりやすく要点だけをまとめてあげるような感覚で。

おそらくこの2つが出来ないという人はいないと思います。つまり、こんな感覚を身に付ければ、記事は誰にでも書けるということになります。是非実践してみて下さい。

意外と重要な「環境」

記事を書くにはそれに適した環境も重要です。

まずは場所。自分の家で「書けないー」と言っている人は直ちに外に出ましょう。誘惑に囲まれた自宅で記事を書くのはとても難易度が高いです。私にも出来ません。

もっとも適している3つの条件があります。

  1. 多少の緊張感が持てるような人目がある場所
  2. うるさかったり遊びの誘惑がない集中出来る場所
  3. マンネリ感がなく落ち着きすぎない新鮮な場所

カフェや図書館、その他施設はもちろん電車の移動時間など、気分や人によって一番集中出来るところで作業するようにしましょう。

また、そのためにもノートパソコンであること。また、外でもネットを繋げられるようにWiMAXを契約するか、スマホのテザリングが使えれば活用するなどの環境づくりも記事を書いていく上ではとても重要です。

参考:ノマドワーカーの仕事場所はカフェだけじゃない!おすすめ9選まとめ

5、知っておきたい3つのポイント

アフィリエイトには文章を書くスキル、キーワード選定のセンスの他にもうひとつ大事なことがあります。それは、モチベーション管理です。

普通の仕事なら、毎日就業時間が決まっています。毎日決まった時間に行って、言われた通りに仕事をすればお給料が貰えます。

しかしアフィリエイトは自由ゆえに全てあなた次第です。やってもやらなくてもいいし、いつ辞めてもいいし、その代わり慰めてくれる人もいなければ褒めてもらえることもないし、悩みを相談したり愚痴をこぼす人もいなく、ひとり孤独な作業の繰り返しです。

そんな中でもあなたの望む成功のために毎日せっせとやっていくにはかなりのモチベーション管理が重要になりますし、モチベーションがなければいい記事も書けません。

というわけで最後に、モチベーションを保つために知っておきたい3つのポイントを紹介させてください。

3日坊主は悪いことではない!

アフィリエイトを始めようとする時に、分かりやすく1日1記事を目標にする人が多いです。まず記事を書くということを慣れるにはいい目標ですね。

しかし、大抵途中でサボります。そして、あれだけ意気込んでいたのにサボったらもう戻ってくることはなく、その上「アフィリエイトは稼げない」なんて言い出す人もいますね。

 

アフィリエイトはちゃんと毎日書き続ければ必ず稼げます。ただ、毎日書かなくても実は問題ありません。なぜなら、あなたの書いた記事はサイトに蓄積されていくからです。

途中でサボってしまって書くのが途絶えたからといって特に影響はありません、サボってしまっても、また再スタートすればいいだけ。変に「1日1本!」と意気込みせずに、もっと肩の力を抜いて自分のペースを作っていきましょう。

3日坊主も10回繰り返せば30記事。それを10回繰り返したら300記事になります。「諦めたらそこで試合終了」という名言があるとおり。辞めずにやり続けていれば必ず成功出来るので、3日坊主を恐れず安心してやり続けましょう。

収入目標→行動目標

アフィリエイトに収入目標はご法度です。なぜなら、例えアフィリエイトのプロでもいくら稼げるのかすら誰にも予測が立てられないからです。

また、成果が出るまでの時間もそれぞれ違います。徐々にアクセスが伸びていく場合もあれば、全然見られない時期が続いていたのに半年経ってから爆発的に伸びるケースも多々あります。

なので、例えば「3ヶ月で5万円」と目標を立てて全然いかなかった時にはもう心も折れて辞めてしまったりしますが、そのままのペースでやっていれば、4ヶ月目、5ヶ月目に伸びたのになんてもったいないことになります。

なので、目標を持つなら収入ではなく、行動目標にする。この場合は記事数を目標にすることが一番最適です。

 

個人的な体感では、2,000文字以上のオリジナル記事が200記事あれば、ほぼ確実に成果が出ると思っています。なので、例えば200記事を行動目標にする。半年でも1年でもペースは自分で決めていいので、なんとか200記事を達成するという目標を立てること。

しかし始めてみると途中で辞めたくなるようなことがたくさん出てきます。「50記事も書いたのにこんなに書いたのに成果が出ない」「こんな事をしても意味ないんじゃないか」などなど。

しかし、そんな時でも、200書けば必ず成功すると信じることが大切です。そして、とにかく余計なことは考えずに、ただただ無心で書き続けること。収入を追わずに、記事の量だけを見ることで余計な考えを取り払うことが出来そうです。

 

また、こんな名言などをパソコンや部屋に貼っておくのもモチベーションをうまく保つ効果的な方法ですね。

  • 「諦めたらそこで試合終了ですよ」
  • 「ムリだっていうのはいつだってチャレンジしてないやつよね」
  • 「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ」

アフィリエイトは権利収入だということを心に刻め!!

アフィリエイトとは権利収入という収入に分類されます。権利収入とは、あなたが働かなくても収入が入ってくる仕組みのことを言います。分かりやすくいうと、不動産収入や印税がイメージしやすいと思います。

アフィリエイトはあなたの書いた記事が24時間365日常に仕事をしてくれます。そして、あなたが遊んでようと寝てようと、商品を購入してくれたりアドセンスがクリックされる度に収入が入ってくるようになります。

その仕組を作るのに、不動産なら数千万円の資金が必要になってしまいます。また、印税なら才能や運、そして努力が必要です。

しかし、アフィリエイトは資金も努力もいらず、努力のみで権利収入になってしまいます。

この動画では労働収入と権利収入を分かりやすく紹介しています。お金を水に例え、一般的には井戸までバケツを持って往復する。つまり、時間や労力を使って収入を得ているのが労働収入。

一方権利収入を得るためには水道を作る。そうすることで完成してしまえばあとは勝手にお金が入ってくるような仕組み作りをすることで権利収入になります。

そんな誰もが憧れる権利収入ですが、ひとつデメリットがあります。それは、時間がかかること。そして、必ず収入になる保証がないということ。

しかし、この動画を見ての通り、不労所得を得ることが圧倒的に効率的であり、収入も安定しますし、サラリーマン以上の収入が、働かなくても入り続けてくることになります。

 

日雇いのバイトをすればすぐに収入になります。不労所得は始めてすぐには収入にはなりませんが、一度収入になればあとが楽です。

なので、なかなか成果が出ない。孤独で不安で寂しい。そんな時には、今自分は何をしているのか。不労所得を得るためのパイプラインを作っている途中なんだとしっかり理解しましょう。

まとめ

長々とお付き合いいただきありがとうございました。

最後に記事の書き方を分かりやすくまとめます。

  1. 面倒なことは後回しにして、まずは記事を増やしていく
  2. ジャンルは自分が書けるような得意な物がベスト
  3. キーワードは、そのジャンルについてなんと調べるかを想像してみる
  4. 関連キーワードを見出しにして、まずは記事の骨組みを作る
  5. 友達や親にメールで送る感覚で書いていく
  6. 記事は財産になるので、たまにサボっても書き続けることが大切

アフィリエイトは上手く行けばサラリーマン以上の収入を働かなくても得ることが出来る可能性がある仕事です。しかし、とにかくアフィリエイトは孤独で地味な作業の繰り返しです。

なので、やり続けることが一番重要です。そして、やり続けるためには楽しいと思えること。もし楽しみながら記事を書くことが出来れば途中で辞めることなく続けていくことが出来るし、その分良い記事が書けそうですね。

少しでも参考になれたら光栄です。使えそうなことがありましたら是非実践してみて下さい。

 - ネットビジネス

  関連記事

image
起業したいけど金がない!開業資金0円からでも始められる4つの方法

「金が欲しくて起業するのになんで初めに金が必要なんだろ・・・。」 そんな風に思いながら過ごしていた時期が僕にもありました。 起業する...

MIMIYAKO85_cafedeworks20140725500
アフィリエイトサイトで稼ぐなら!おすすめの11ジャンルを徹底比較

「これからアフィリエイトを始めたい。」 そう思い立ってまず始めに決めなくてはいけないのが、サイトのジャンルです。 やはりアフィリ...

PP150719540I9A0193_TP_V
ネットで稼ぐためにオンラインスロットを実際に試してみた結果・・・

今ではネットで稼ぐなんて当たり前になってきた時代。特に学生や主婦など、空いた時間を利用して器用にお小遣い稼ぎをしているなんてよく聞きますし、...

AMI88_okashidukuricyuu500
資金がかからず誰でもカンタンに出来る5つの副業おすすめ

「家で出来るっていいよね??」 こんにちわ起業マンです(`・ω´・)ノ" インターネットが普及して誰でもカンタンにビジネスを始め...

OOK161103346_TP_V
ネットショップの開業方法!超簡単3ステップと初心者でも売れるコツ

「ネットショップを始めたいけど何からすればいいのか分からない!」 昔は商品があっても、それを売るためには大きく分けて3つしか方法があり...

PAK86_kononihonwokae20140713500
いまどきの起業家はこんな感じ!?起業スタートするまでの流れ!!

「起業じでぜがいを”がえ”だい”!!!」   将来起業をして生きていきたいんだけど、 起業するまでにはなにから始...

MIMIYAKO85_cafedeworks20140725500
誰でも今日から出来る!ネットビジネス副業ランキングTOP10

「パソコンを使って簡単に稼げる。」 昔はネットに詳しい人じゃないとなかなか手を出しづらいイメージがありましたが、スマホもパソコンも1人...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-07-YUKA863_ok15185909-thumb-1000xauto-18589
アフィリエイトで稼ぐ方法に注意!初心者が失敗する10の間違ったやり方

やったことがない人でも名前は知っているくらいに広まったアフィリエイト。パソコン1台あれば誰でもカンタンにネットビジネスに参加出来るので、今で...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-01-LISA99_MBA20141018102742500-thumb-1000xauto-5891
もう仕事疲れた!楽してバイトより稼ぐ4つの方法

「もし楽して稼ぐ方法があったら、知りたいですか?」 楽して稼ぐなんて話はないと教わってきた私達は、そういった話には怪しいイメージを持っ...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-YUKI_kodomookane15144623-thumb-1000xauto-18876
学歴も才能もなく年収1000万円を稼ぐ5つの仕事・職業まとめ

お金持ちと言われるひとつの基準が年収1,000万円ですよね。これだけあれば欲しいものを買ってもまだ余るだろうし、思うままの贅沢な暮らしが出来...