レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

どの本よりも分かりやすい!初心者のための株式会社の作り方

  方法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA85_megatukareta15140305-thumb-1000xauto-14197
  • なんとなく将来会社を作りたい!
  • 現在のビジネスが軌道にのってきたので株式会社にしたい! 

そんな時には会社設立の本を買ってきて勉強するわけなんですが、それにしても難しすぎてよくわからない!なんて思うのは私だけではないはずです。

とにかく法人化するわけですから、社会や税金の仕組みも知っておかないといけませんし、専門用語や難しい言葉が次々に出てくるわけなんですよね。

しかし、私自信そういったことを避けて生きてきてしまったので、いざ自分が会社を作ろうとなった時にはとっても大変な思いをしました。

 

でも、会社を作って社長になるのだから、これくらいのことは最低限勉強しなくてはいけないという意見も一理あるのですが、正直こんな知識があったからといって成功するわけではありませんよね。こんなの常識といわれたら何も言えませんが、本音を言うならこんな勉強をする時間をビジネスに当てたいとも思ってしまう自分もいます。。。

というわけで、「会社設立についてもっと簡単に解説してくれるところがあってもいいんじゃないか!」と思ったので、今回は中学生にでも分かるように、専門用語を省いて簡単にまとめてみました。

少しでもお役に立てたら光栄です。それでは紹介していきたいと思います。

そもそも株式会社を作るメリットって何?!

実は会社にしなくても商売を始めることは出来ます。個人店などは基本会社にせずにそのまま個人でやっている場合も多いです。

ではまず、なぜ株式会社にする必要があるのかを4つにまとめてみました。

1、節税になる

株式会社にすると節税になります。具体的にどう節税になるのか。イメージで分かるようにとっても大雑把にですが説明していきます。

個人で例えば1,000万円を稼いだとします。すると、全体の約3割を税金として収めなくてはなりません。この場合だと300万円も税金がかかってしまうわけですね。

ですが、会社にすると経費が使えるようになり、これによって節税が出来ます。経費とは仕事のために使ったお金のことですね。

 

1,000万円稼いだといっても1,000万円丸々が利益になるわけではありませんよね。それを稼ぐために人を雇ったり、投資をしたり、細かい雑費もかかりますし、いくらかのお金をかけて稼いだはずです。

例えばですが分かりやすくいうと、1,000万円稼ぐために1,000万円使ったとしましょう。そんな時に300万円も税金がかかってしまったら、こちらには利益がないのでマイナスになってしまいますよね。

そこで、会社にした場合は、稼ぐために使ったお金(経費)を差し引いた分にだけ税金をかけるといった仕組みになっています。

 

つまり、1,000万円売り上げたけど、「経費で600万円使いました」となった場合は、売上から経費を差し引いて残った利益、400万円から約3割の税金がかかります。この場合税金は120万円になるので、そのまま個人でやるよりも会社にした方が180万円の節税になるわけです。

なので、ある程度売上が上がってきた場合は会社を作る必要がなくとも作った方が得になるわけです。ちなみに、場合にもよりますが会社を作った方が特になる境い目は、年間の売上が約500万円以上と言われています。

2,信用が付く

取引先がいたり、自ら営業をかけて行きたい場合、やはり個人で行くとどうしても信用されないこともあると思います。個人だと簡単に辞めることも出来るので、特に大きい仕事になると信用してまかせることが難しく感じてしまいそうですよね。

しかし、しっかりと株式会社にすればそれなりの信用が付きます。仕事も取りやすくなってくると思いますし、ちゃんと会社にして頑張っているんだなと、認めてもらいやすくもなります。

 

でも、そういった先入観がある人は別ですが、最終的には人と人なので、会社にしたからといって信用されるわけではありません。適当な怪しい名前だけの会社もたくさんありますしね。

3,社会貢献が出来る

会社にするときちんと税金を収めているというアピールにもなりますし、また、人を雇うことによって社会貢献にもなります。

会社が大きくなればなるほど雇用枠も増えるので、ずっとひとりでやるよりも徐々に人を増やしていくイメージを持つとやりがいも出てきますよね。

4,仕事だという実感がわく

やはり個人でしていると起業している実感も湧きませんし、モチベーションも上がりづらかったりします。

会社を設立すれば役職にも付けますし、起業している実感がわいてきます。また、代表取締役社長になるというのはそれなりに自信も付きますし、責任感もわいてくると思います。

また、個人でもモチベーションが違いますし、社長になれば、普段の行動も社長だと意識するようになりますので、自分の成長にも繋がりそうですね。

あとは名刺にも書けるのでカッコいいです。

会社を作る前に個人事業から始めた方がいい理由

起業したいと思い立った時にはどうしますか。ほとんどの人はこうした方がいいと思っています。

  1. お金を貯めながらスキルを磨く
  2. 事業計画書を書く
  3. 準備万端にになった時点で会社を設立
  4. スタート

しかし、この方法はまったくオススメ出来ません。なぜなら起業のスタートに立てるまで時間がかかりすぎるからです。

また、失敗するリスクもあります。会社を作るにも費用がかかるので、もし失敗した場合は損してしまいますし、借金を負ってしまうこともあるでしょう。

起業準備は起業しながらする

というわけで、「起業したい」と思ったらまずは個人で出来るところから初めてみる。そこでスキルと経験をつみながらお金を貯めて、収入が増えてきて安定した時点で会社を設立する。これが一番いい方法です。

例えば飲食店を始める場合、ほとんどの人はおいしいメニューを作れるようになるために修行して技術スキルを磨き、マスターしてから開業しようと思いますが、ほとんどの場合失敗してしまいます。

なぜなら、美味しいメニューはどこにでもあるから。美味しくないと売れないと思うのは当たり前かもしれませんが、それだけではビジネスは上手く行きません。

 

大切なのは、美味しいメニューではなく、売れるメニュー。数あるなかで自分の店を選んでもらえるための動機作りです。

そしてそれは本を読んでもスクールに通っても学ぶことは出来ません。そんな方法が分かるなら誰でも成功出来ますよね。ビジネスに答えはありません。

ならばどうするか。それは、自分がまず実際にやってみて、失敗して、そこから学びながら色々試してみること。そして実際にやりながら「こうすればもっと良くなるかな?」とテストを重ねて、自分の中の正解を導き出すことが大切です。

成功にリスクは必要ない

起業を始める場合にほとんどの人がリスクを覚悟して多額の資金をかけたり借金もしてしまいますが、起業に関してお金を使うことはデメリットにしかなりません。

一等地に敷地の広いオシャレな店を作り、優秀な人材を揃える。これだけお金をかければ一見最強に感じますし、失敗するはずがなさそうですが、実は普通に失敗してしまいます。

 

例えばブルーボトルコーヒー。カリフォルニアで大人気のコーヒーショップが2015年に日本に上陸。清澄白河に一号店としてオープンし、かなりの注目を受けましたが数カ月後にはガラガラ。流行りませんでした。

また、DRESSという雑誌を発売する会社「株式会社gift」も話題になりました。理由は創業メンバーですね。

  1. AKB48のプロデューサー秋元康
  2. サイバーエージェント藤田晋
  3. 雑誌「STORY」の編集長山本由樹
  4. 幻冬舎見城徹
  5. エイベックスの松浦勝人

 

という名だたるメンバーで、絶対に失敗するわけがないと思われていましたが、なんとまさかの大赤字となりました。

 

お金をかけても、時間をかけても、どんな人材を集めても成功するなんて保証はありませんし、お金をかけなければ、失敗してもダメージがないので、何度でもやり直すことが出来ます。そうやって何度も挑戦すればいつか必ず成功出来ます。

また、ただお金をかけるということではなく「お金をかけずにうまく出来る方法はないか」と工夫することが大事ですし、工夫出来る人がきっと成功するのだと思います。

税理士さんに頼めば簡単に出来る

さて、いよいよ会社設立の具体的な方法を紹介していきます。

ここからは専門的なことになってくるので、メモの準備はしましたか?そんなあなたは今すぐメモをしまって下さい。なぜなら、会社の設立方法はなんの知識がなくても、税理士さんが全て代行してくれるからです。

 

会社を作ろうと思ったら、税理士さんのところに相談に行きましょう。都内では無料相談が出来るところがいくつもあります。

そして、分からないことはそこで聞いて、特に問題がなければ「じゃあお願いします」と言うだけです。あとはいくつかの項目を記入していくのでひとつづつ埋めていきましょう。

 

それが終わったら、書類の作成から提出まで全てやってくれます。それが終わりしだい、書類にハンコを押していくだけで、会社設立完了です。

もちろん口座を作ったりと細かいことはありますが、基本的に会社を作るためには

  1. 税理士と契約する
  2. お金を払う
  3. ハンコをおす

で終了です。これだけで会社が作れます。

しかし、本当にこれでいいのか?とちょっと不安にもなりますよね。何も知らずに会社なんて作ってしまったらあとで大変なことになるかもしれませんよね。そんな不安もまとめてみました。

経営者は得意な人にまかせる

経営者になるということは、全てのことに責任を取らなくてはいけないということです。サラリーマンのように自分の仕事だけをやっていればいいのではなく、会社のことは全て把握しておかないといけません。

しかし、その反面全て一から勉強するのはかなり効率が悪いですし、自分がやるよりも得意な人にまかせるほうが時間を短縮出来る上に内容もよくなります。

 

よく漫画のワンピースをビジネスで語られることが多いのでこちらでも例えると、麦わら海賊団という会社には船長、つまり社長のルフィがいて、周りに料理人、医者、航海士、剣豪などそれぞれの役割を持つもので分担しています。

ルフィひとりじゃ料理も作れないし、船も動かせないわけですが、社長はその船の行き先を決め、目標を掲げ、責任を取るのが仕事ですから、それらは出来る人達に全てまかせます。

特にボス戦が分かりやすいですね。敵に挑む時(仕事をする時)には細かい敵は仲間にまかせて、自分はボスとの一騎打ちにもちこみます。この細かい敵にあたるのが、税金関係だと言えそうです。

 

なので、これから経営をしていくのであれば、専門的なことは全て得意な人にまかせて、自分は本業に集中していったほうが効率がいい。もったいないからと全部自分でするのではなく、効率よくしていきましょう。

その後のフォローも

税理士と契約を結ぶことで、会社の設立代行以外にも全てをしてくれます。

会社を作ると、毎月経費を管理していかなくてはならず、記帳していく作業があるのですが、これがまた意外に大変です。

また、従業員が増えてくればその他にも分からないことが山積みになってしまうでしょう。

 

契約をすることで、細かい不明点はいつでも相談することが出来ます。また、記帳関係は全てやってくれるので、あなた自身は何も考えずにただ領収書を集めておいて、「これお願い」とクシャクシャにしたのを渡すだけで終わります。

立ち上げるのに資金・費用はどれくらいかかる?

さて、会社の設立方法や税理士のメリットを紹介してきましたが、最後に気になる費用のことをまとめていきます。

これら全てにはお金がかかります。

起業代行初期費用

起業代行の初期費用は、場所やサービスなどにもよりますが、大体20万円〜です。

税理士契約月々の費用

税理士さんに相談したり、記帳を変わりにしてもらう契約をした場合の相場は約5万円ほどです。

少し高く感じるかもしれませんが、自分で記帳したり、分からないことがあった際にその都度調べたりする手間もなくなりますし、また、そのために人を雇うくらいだったら任せてしまったほうが楽ですね。

資本金とは

会社を設立する際に、1つ必要なものがあります。それが資本金です。

資本金とは、言うならば会社のHP(ヒットポイント)です。まず始めに資本金を決め、そこから会社で使うお金を使っていきます。

この資本金は1円から設定出来ますし、あとから増やすことも出来るので、始めは特に必要ありませんが、資本金があまりに少ないと、公開した時に「この会社の資本金1万円なのか・・・」とネガティブな印象を与える可能性も出てきてしまいます。

まとめ 流れ

最後に会社設立までの流れをまとめていきます。

まず会社を作るメリットをまとめると、会社を作ることで

  1. 節税
  2. 信用
  3. 社会貢献
  4. 実感

が得られます。

作り方は、税理士に丸投げで、自分はハンコを押すくらいで完了です。

 

資金は初期費用に約20万円。税理士に毎月5万円ほど。資本金はなくても構いません。

節税のために会社を作った方が得になるラインは年商約500万円以上。これを超えていないと初期費用や税理士報酬でマイナスになってしまいます。

なので、オススメの会社設立ステップはいきなり作ってしまうのではなく、

  1. まずはお金をかけずに個人で始める
  2. 売上が500万円を超えてきたら設立する

という流れでいけば問題ありません。

 

とてもザッとの紹介になってしまいましたが、場合によっては実際と異なることもあるので、イメージとしてなんとなく全体のことが理解出来たらと思います。

まとめ

会社を作るだけなら実はお金を出せば誰にでも作ることが出来ます。

しかし問題はそれを長く続けることが大切ですね。

是非夢を持って楽しみながら会社設立を目指してみて下さい。ありがとうございました。

 - 方法

  関連記事

AMI85_nemurerumorigirl500
もう何もしたくない…。やる気が出ない10の要因から解決策を推察した

受験勉強や就活中の学生さんや主婦の方から毎日仕事をしているサラリーマンまで、もう何もしたくないほどやる気が出ないなんて時がありますよね。 ...

FireShot Capture - 【近畿大学卒業式】堀江貴文(ホリエモン)伝説のスピーチ - YouTube_ - https___www.youtube.com_watch
【起業の勉強用】堀江貴文の名言から学んだ7つのことをまとめてみた

出典:https://www.youtube.com/watch?v=UkWFgsS-EoQ 学生から大人まで、起業を目指す人達から絶...

出来ない脳から出来る脳へ!潜在能力のたった3つの引き出し方
出来ない脳から出来る脳へ!潜在能力の引き出し方3選

人の意識には健在意識と潜在意識の2つがあります。 健在意識とは普段使っている能力。使おうと思った時に意識して使える左脳的な意識といえま...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MIYAKO75_yatta--20140726-thumb-1000xauto-17323
もう限界!!現実逃避したい時に試したい6つの方法

仕事、学校、プライベート、人間関係、お金、恋愛、悩みなどなど世の中大変なことばかり。真正面から向かい続けていくには体力も精神力も足りません。...

コミュニケーションを円滑にする方法 まとめ
円滑なコミュニケーションの取り方7つのポイント

コミュニケーションの問題は長年抱え続ける悩みです。時代が変わりインターネットが普及しても人間である以上コミュニケーションの必要さがなくなるこ...

bs150415222377
やりたいことがない人が本気で見つけるための具体的な4つの方法

「やりたいことが見つからない!何をしたらいいのかも分からない!」 旅行に行きたいだとか、夏は海に行きたいだとか、美味しいもの食べに行き...

AMI88_konosyuoisisugi1264a500
不況でも関係なく楽でこれから一番儲かる最強の仕事ランキング

「これだけ働いてこれしか稼げないの!?」 今の仕事に満足している人はとっても稀で、ほとんどの人はそうではなく、特にお金に対しての不満を...

NKJ52_taketomishimanominka500
海の近くで自由に暮らしたい!沖縄で起業するなら何をする??

沖縄で何にも縛られずのんびり自由な生活がしたい。 そしてもし自分で店を出すことが出来ちゃったならもう夢の世界ですね。 そんなウチ...

max160114164323_TP_V
自己顕示欲が強い人必見!誰かに自慢したい気持ちを抑える3つの方法

「誰かに認められたい!人よりも目立ちたい!うらやましがられたい!」 そんなことを思いながら、常に人と比べたり周りの目を気にしながら生き...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-C777_kotatumuri-thumb-1000xauto-14884
努力できない人が行動出来るようになる6つの方法

「努力をしなければならない。成功するには努力は大事なことだ。」 努力なんてムダだと言う人もいますが、努力が大切なのはきっと誰もが理解し...