レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

スガシカオの独立方法試してみた!起業したい時にまずする事!

  方法

こんにちは起業マンです(`・ω´・)ノ”

具体的にまだ何も決まってはいないけど将来起業がしたい。そう思い立った今。なにからはじめますか??

ビジネス書を買い、セミナーに参加。名刺を作って人脈は作らないとだし、お金はいくらあればいいんだろう。初めはとても不安です。

data-ad-format="rectangle">

スガシカオのラジオ

脱サラしてデビューしたことで有名なスガシカオのラジオにこんなハガキがきました。

「私は今好きなこともやりたいことも何もありませんが将来独立がしたいです。どうしたらいいですか?」

という質問でした。その時は「あーまったく僕と同じだ」と思い興味をひきました。
スガシカオはこう答えました。

「なにもないならまずはお金を貯めたほうがいい。やりたいことが見つかった時にお金がないと行動も起こせない。」

過去、居酒屋で独立する話が上がったときに惜しくも100万円ほど足りずに涙を飲んだ経験があった僕はその話を聞いてぼくも衝撃をうけました。
そして、当時やりたいことも金もなかったぼくはやりたいことを探しながらお金を貯めだしました。しかし、そこには大きな落とし穴があったのです。

目的のない旅では得られない

お金がないときは生活も厳しくて見返すぞという気持ちも高まるし、ハングリーにアクティブになる。
しかしいざお金を貯めだすとまず具体的な目標もなければ、仕事も案外楽しい。そんな環境ではなかなかお金もたまっていかない。

そして、お金がたまるほど、生活に不自由しなくなり、そして、時間をかけて溜まったお金を今度は使えなくなってきてしまったのです。

スガシカオは音楽でやってやるという強い気持ちがありそして社会に強い不満を持っていた。そして脱サラした28歳の時には100万円しかもっていなくしかもその半分は夢のために費やした。起業するのに安心、安定な道を辿って何が出来よう。

お金や準備を万全にすることによって起業家に何より大事なハングリー精神を失ってしまってはどうしようもない。まず先に動き出すこと。

そして壁にぶつかって始めてそれに必要なお金、人脈、スキルを準備し、再挑戦していくこと。スガシカオのように明確なビジョンが見えてないと途中で、なぜ自分は起業したいと思っていたのかさえ忘れてしまいます。

お金がない方が身軽になれる

人は本当に0に近づくほど力が沸いてきます。

「起業の失敗を繰り返し、7回目の起業で成功した!」
「一度はホームレスにまで落ちてからの大逆転劇!」

どれも驚くべき話ですが、僕的に見ると「毎日ストレスもなく友達にも恵まれ、なんの不満もないけど脱サラ!」のほうがスゴくないですか?

やはり現状に満足していないから走れるのです。余命少ない人と、特に健康な人の1日の重さは違いますよね。リスクは自分をハングリーにさせ、前に走る原動力になります。なので、自らリスクを背負う事も必要です。

リスクは原動力

リスクを追うにはどうしますか?自分で、目標達成できなかったら死ぬ!という過激なリスクを定めても、効果は薄そうですね。

なぜなら目標達成できなくても生きているからです。なんの怪我もおいません。

自らリスクをおうには、そう、起業をしてしまうということ。もう走りだしてしまうこと。以前なら、なかなか貯金が貯まらなかった事も、起業しだしているのなら嫌でも節約します。本を読んで勉強するのを後回しにしてしまっていたのも起業しだしたらすぐにその場で調べだします。

もちろん、しっかりと目標をたてて出来るなら準備万端にするに越したことはありませんが、その準備に戸惑ってしまうのならば迷わず行けよ!ってことですね☆

まとめ

ということで結果ですが、スガシカオ的メンタルを持ってないとお金を貯めても結局動き出せない!

僕みたいな蟻メンタリストはやっぱりまずやりたい事を必死で見つけて行動を起こすこと。

「なにかやりたい」という気持ちがなにより大事なんだと気づきました。

レッツ起業☆

 - 方法

  関連記事