レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

80歳で起業して年商3億円!?和田京子不動産から学ぶ4つの成功の法則

d99a532b5a144a773971d0c9f965d8b2_m

「え?80歳で起業!?」

ある日テレビを見てたらこんな言葉が飛び込んできて思わず目を疑いました。

80歳で起業????

なんど見てもピンときません。80歳で起業?

起業っていったら、あの起業でしょうか。

若者達がセミナーとかにいって意識高くしてるあの起業?

多くの人が諦めたり、一獲千金を得たり、借金まみれに転落していくあの起業?

少々しつこくなってきましたが、なにが起きたんでしょうか。

「・・・あっ!そうか、田舎でタバコ屋でも始めたんかね」

そう思って、テレビを見ていると、まったく予想を裏切るワードが流れました。

不動産・・・!!!?

 

ということで、今回は80歳で不動産会社を始めた和田京子さんをまとめてみました。

老後の趣味かと思ってバカにしてはいけません。実はこの人生の大先輩は年商3億を稼いでいるバリバリのビジネスウーマン。

起業したい人もそうでない人も、学ぶべきことがたくさんありました。

そして、最後にはどんなに競合が多くてもライバル社に絶対に負けないビジネスの法則が明かされました。

是非正座をして心に留めて下さい!

和田京子不動産株式会社とは

【私の何がイケないの?】和田京子不動産・取材VTR - YouTube (1)

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e-QNWrHg1G0

和田京子さん(85歳)が社長をされている和田京子不動産。フルネームをそのまま社名にしています。かなり目立ちますね。

自宅兼事務所になっていて、中はこんな感じ。

【私の何がイケないの?】和田京子不動産・取材VTR - YouTube

アットホームな不動産はたくさんありますけど、ここほどアットホームな不動産はありません。

8帖の和室で中ではお香が焚かれていています。う~ん!すごいぞ?!

そしてコチラが和田京子社長です。

【ニッポン”新”常識】和田京子不動産 取材VTR - YouTube

まったく85歳に見えないパッチリメイクのオシャレな和田社長。

話す言葉も

(メイクにかんして)「目を盛ってます」

(寝る間もないほど忙しいから)「爆睡したい」

(愛用のiPhoneを見て)「バリサンだ!」

(車の運転に緊張して)「事故っちゃうっっ」

などなど、ワードが若い(笑)

起業ストーリー

教師であるご主人の仕事がら、引越しが多く今までで7回も家を購入されてきた和田社長。

しかし、その7回全てが欠陥住宅。土管が浅くしか埋められてなかったために汚水が湧き上がってくるようなこともありました。

今までで一度も満足出来る家に住んだことがないという不満をずっと抱えていたんですね。

そしてご主人が他界され、78歳の時に不動産会社を目指しだします。そして合格率16%の宅建の資格をわずか1年で取得。80歳の時に和田京子不動産を立ち上げました。

起業家もビックリ!4つの斬新なアイデア

宅建を取得した年齢では最年長という、かなりハイレベルな伝説を残されてますが、「おばあちゃんが始めたっていう話題性で今やってるだけなんじゃないの?」と思ったとしたらそれは間違い。

先ほども言った通り年商3億円をたたき出すには話題性だけではムリですよね。取り扱うのが家という一生に一回の大きな買い物ですから、逆に免許取立てのおばあちゃんに任せるのは不安だと思いませんか。

しかし、それでも人気なのは、しっかりとしたビジネスの観点として完璧な4つの戦略があったからなんです。

1、名刺が500円分のクオカード

これはビックリしました。その言葉の通り、名刺が500円分のクオカードになっています。

たった500円でも貰ったほうはかなり嬉しいですよね。京子社長からの心遣いが目に見えるように現れます。

また、これまでにないインパクトがあります。こんなの見た事も聞いたこともないですよね。

それにより貰った人は周りの人にシェアしたくなり、「あの不動産はクオカードの名刺をくれる」とより強い口コミ、宣伝効果となります。

1枚500円を配るなんて一見もったいないように感じますが、これほど効果のある広告はないのでかなり考えられたマーケティングですよね。

ちなみに、テレビで見てクオカードだけ貰いにいく子供が増えそうな気もしますが大丈夫でしょうか。

2、デメリットを伝える

一般的に不動産は物件の良い所やメリットのみを伝え、デメリットは隠そうとします。

あまりいい家じゃなくても売らなくちゃいけない。それが仕事なのだから当然といえば当然かもしれません。が、京子社長はこのせいで数々の欠陥住宅を買わされてきました。

そして和田京子不動産では、物件のデメリットを全て伝えるようにしています。デメリットとメリット、価格を比べた上で納得出来る家を選んでもらいたいという想いからです。

これは他社にはマネしたくてもなかなか出来ないことであり、大きく宣言することで、絶対的な安心感が生まれます。

たくさんあるけどどこで買っても同じという、差別化するのが難しい不動産業界の中で、「あの不動産なら安心だ」と思わせることは他の会社では出来ないことです。

3、24時間営業

なんと、この和田京子不動産。24時間営業です(笑)

和田社長は寝る時もお風呂の時も肌身離さずにiPhoneを近くに置いていて、寝てる時でも電話がなれば起きて対応しています。

まぁ、85歳のおばあちゃんを深夜に起こしてまで電話する事なんて実際出来ませんけど(笑)お仕事が遅かったり、気になった時にすぐに相談出来るように、お客様の事を考えだしたら24時間営業になってしまったみたいですね。

これも、時間外にお客さんを掴むというよりはとにかくインパクト。驚きですよね。

「ええ!!不動産で24時間営業?!」

というビックリを作り出しています。逆に言えば、他の不動産ではビックリするようなことや印象に残るような特徴はありませんよね。

こうやってビックリするようなことを作り出すことでオンリーワンの会社のイメージを作り出せてると思います。

でもまぁ、働きすぎてお体を壊さないようにしてほしいですよね。本人も爆睡したいと言っていましたし笑

 

4、仲介手数料無料

不動産の仕組みはこうなっています。

家を売りたいAさんが不動産に頼んで、買い手を見つけてもらいます。

その不動産が家を探しているBさんにAさんの家を紹介します。

そして、購入が決まった場合、Aさんは不動産に「買い手を見つけてくれてありがとう」と、売れた価格の3%を渡します。

さらに、家を買ったBさんも「いい家を紹介してくれてありがとう」と、3%を不動産に支払います。これが仲介手数料です。

あささ不動産の仕組み

3%というと少なく感じますが、もし3,000万円の家が売れた場合はその3%である90万円がそれぞれから入るので、合わせて180万円が不動産の利益になります。

 

しかし、和田社長はこう考えました。家を売りたいAさんは資産家だったり潤ってる人が多く、また家を売ったことによりたくさんのお金が入ってくる。

だけど家を探しているBさんはお金を一生懸命ためて、ローンを組んで家を買うわけだから、出来るだけ安く済ませてあげたい。

そんな想いから、Bさんからの仲介手数料3%にかんしては無料。1円も取らないという仕組みにしました。

売上は半分になるけど、その倍自分が働けば問題はないと言いますし、お客さんにとってはどこで買っても同じ価格なら手数料無料を選びますよね。

 

和田京子不動産から学んだこと

以上、和田京子不動産をまとめてみました。

物件という大きなお金が動く不動産は参入も多いですが、記事中でもあるとおり差別化が難しく、客の取り合いで競争率が高い業界です。

そんな中、「80歳で起業」というインパクトもさるものながら、様々な工夫でオンリーワンの会社になった和田京子不動産は多くの人に認められています。

また、戦略みたいに書いてしまいましたが、これらは全てお客さん第一に考えてのことがたまたまそうなっているだけなんですよね。

というわけで、そんな和田京子不動産が3億円を稼ぐことが出来た理由をまとめて終わりたいと思います。

不動産歴はないが、色んな家に住んで後悔した経験がある

最近宅建をとったばかりで、不動産業界のことはもちろん、ビジネス、経営の初心者である和田社長。自らも「(不動産に関しては)まだ幼稚園です」と言っているとおり、知識も経験もない状態です。

普通そんな人に、一生のお買い物を頼めるかと言ったら正直不安の方が大きい気もします。

ではなぜ、多くの人はこの和田京子不動産に頼むのでしょうか。

それはまぎれもなく、家を買って後悔した経験があるからでしょう。

多くの不動産は、業界にどれだけ勤めているかをアピールしますが、不動産歴とは家を売った経験ということです。

しかし、けして家を売った実績=いい家を紹介出来るとは限りませんよね。なぜなら家を紹介して売った後のことは知る由もないからです。

和田社長は不動産の経験がない分、今まで7つの家に住んできて、7つの後悔をしました。つまり、家を買ってから後悔するポイントを知り尽くしているということです。

不動産にとってどちらがいいのかは分かりませんが、お客さん目線に立って「必要なのはどちらの経験でしょうか」と問われたら、僕は和田社長の方を選ぶと思います。

 

これはビジネスや、その他のことにも言えることです。

例えば飲食店を出す際。有名な学校を出る事や、賞を取ることがステータスのように感じます。表彰やトロフィーも飾れるし、雑誌に載った時にもアピールすることが出来ます。

ですが、そんな店に限って、お店のデザインや料理の形はすごいだけで高額な料金設定だったり、正直味は普通だったりするんですよね。

ようは物事の本質を見ることが大事ですよね。自分がそんなに大切そうにこだわってるものは自分の利益のため?業界のルールから外れないようにするため?周りからよく見られたいため?

お客さんにとって本当に大事なのはなんでしょう。

最強のビジネスは利益を考えないこと

どんなに競合がいる業界でも必ず勝てる、どんなライバルにも負けないビジネス。それは利益をまったく考えない会社。これにはどこも勝てないと思いました。

なぜなら、勝とうと思っていないからです。どんな大手でもお客さんのことだけを考えている会社にはきっと勝てません。

 

しかし、不動産業界というのは老舗が多く、その分横のつながり、しがらみ、ルールも多くあります。

今回も、和田京子不動産では仲介手数料を無料にしましたが、周りの不動産はそれを許さずにクレームがたくさんきたそうです。

「たくさんある不動産は仲介手数料を貰いながらお客を分け合ってやってきている。和田さんのとこだけが無料にしちゃうとうちらが商売出来なくなっちゃうよ!」

他の不動産も無料にしようと思えば出来ます。しかしそうカンタンな話ではありません。

例えば業界が一斉に仲介手数料を無料にしたとするとどうなるか。そうなってしまうと、家を買う人の人数(分母)は変わりませんが、全体の利益だけが半分になってしまうことになります。

それだと業界全体が生き残れないから、暗黙のルールとして、仲介手数料はお客さんからも取らなくてはいけないという決まりがあるのです。

そんな中で和田京子不動産だけが無料にしてお客さんを独り占めしているということでのクレームだったんです。

 

なかなか難しい問題のようにも感じますよね。が、しかし和田社長はそれを一切受け入れず、仲介手数料無料でやり続ける姿勢を見せつけました。

もちろんそれはお客さんを独り占めしたいからではありません。仲介手数料を無料にしてはいけないというその考えは、全て客を無視した自分たちのことを中心にした考えだったからです。

たしかにごもっともだと納得出来ちゃいそうなルールでしたが、お客様にはなんの関係もないこと。そんな業界の常識、考え方を否定しました。

 

周りがどうであれ、お客さんのためになるなら、全体の利益が減ろうと仲介手数料を無料に出来るのであればするべきです。

遠い例えですけど、Tシャツのタグが首元についてるのも、お客様にとってはくつぐったいだけの物ですが、いつまでもなくなりません。

関係ないですけど、この前牛丼屋で牛丼頼んだら肉が4枚しか乗ってなくて絶望しました。

ほとんどの企業は会社の儲けを中心に考えています。全て会社都合でお客様第一の会社なんてほとんどありません。

 

もし起業したい。または今しているビジネスがうまくいってない場合は、利益を全て捨て、お客様のことだけを考えた体制にしてみてはどうでしょうか。

まとめ

昔、マネーの虎にパスタ屋さんを開きたいという男性がいました。

その男性は、レトルトや冷凍などを使わずに、原価を気にしない美味しくて新鮮な食材を使っておいしいパスタを作ってお客様を喜ばせたい。と言いました。

しかしそれを聞いた社長達に「それはいい材料使えば美味しいものは作れるけど、社長である以上利益をあげないとやっていけないよ」と否定されました。

しかし、見事マネーを獲得した男性はそのお店をオープン。お客様第一の姿勢を一切変えずにどれだけ経営が苦しくても妥協せず、今では4店舗までに増え大成功を収めました。参考:心温まるマネーの虎のパスタの回 その後から現在までまとめてみた

 

自分の利益や、会社を大きくすることだけを考えた会社に誰が行きたいと思いますか?

逆にいえば、お客さんのことだけを考えた会社はかならず満足され、本当に良いものは口コミされるようになります。

口コミはすぐには効果がありません。しかし、それでもお客さん第一でやっていると、いつか必ず広がりに広がった口コミでたくさんの人が来るようになります。

  • 利益を考えずに良いものだけを使ったレストラン。
  • 決して売り込まずに、お客さんの利益だけを考えてくれるセールスマン。
  • 少しでも安く、デメリットも隠さず教えてくれる不動産。

これらは最強のアイデアです。奇抜な発想なんかいりませんよね。これこそすき間産業でありビッグビジネスアイデアです。

そしてこれを突き詰めていくと、究極のビジネスマンが見えてきます。

それは、家族や近い友人です。

 

例えば数ある不動産の中で世界一安心出来るお店はどこでしょうか。

それは家族や近い友人のお店ではないでしょうか。もしその業界に家族がいたらきっとそこに頼みますよね。

なぜなら、その人達は自分の利益よりも相手の利益を優先にしてくれるからです。

絶対に悪いものは紹介しないし、少しでも安くしようとしてくれるからです。

こんな、家族見たいなお店が、究極のビジネスであり、そんな一面を和田京子不動産に感じました。

 - 成功, 考え方

  関連記事

OZP88_jojopose05500
起業とは何か!みんなが勘違いしてる3つのこと!?

「真の起業、お見せしよう・・・!!」       こんにちわ起業マンです(`・ω´・)...

PAK85_ra-mensusurugaikokujin20140531500
デビット伊藤の1億8千万稼ぐラーメン屋がすごい!おカネさまで明かされた7つの秘密

おカネさま!というTV番組を見てたんですけど、デビット伊藤が開業した「デビットラーメン」が大成功しててすごかったので、まとめてみました。 ...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-CON_dokusyo15084750-thumb-1000xauto-13053
読書なんてしても何も変わらない?本を読んで効果を得るための7つの読み方

本を読むって、意外と苦手な人が多いですよね。 僕も小説からビジネス書から「お金の貯まるなんちゃら」というような本を一生懸命読んでいるん...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MIYAKO75_yatta--20140726-thumb-1000xauto-17323
もう限界!!現実逃避したい時に試したい6つの方法

仕事、学校、プライベート、人間関係、お金、恋愛、悩みなどなど世の中大変なことばかり。真正面から向かい続けていくには体力も精神力も足りません。...

E146_lalaganyubisasu500 (1)
使ってない人もったいなさすぎ?!引き寄せの法則を使いこなす10の方法

こんにちわ起業マンです(`・ω´・)ノ" 引き寄せの法則って知ってますか?頭に思い浮かべたモノが実際に手に入るっていうドラえもん級の夢...

-shared-img-thumb-max16011550_TP_V
これから流行る物が分かる!先見の明を養う4つの方法

「最近流行っているお店をもし先に始めていれば・・・」 「バカ売れのアイデア商品を先に発明していれば・・・」 「めちゃくちゃ急増し...

PAK56_syabondama500
成功する起業に必要なものは?10項目中8以上あれば失敗しない?!

こんにちわ起業マンです! 起業して成功するために必要なものがいくつかあります。今日は10コの必要なものをまとめてみましたのでいくつ当て...

MAX87_burankodekodoku20140531500
ピンチはチャンス!?ホームレスから起業した2人の成功者!

ホームレスから起業し成功。 調べてみるとそーいった人が結構多いのに驚きました。 まさにピンチはチャンス。追い込まれたからこそチカ...

-shared-img-thumb-OY151013251050_TP_V
仕事辞めたい!!と思ったら今すぐチェックするべき7つの対策

「休みなんかいらないから早く仕事に行きたいっ!!」 そう言いながら今日も元気いっぱいに仕事に向かっている人はこの日本にどのくらいいるの...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OZPA_ikidaoreiine-thumb-1000xauto-15708
成功者に群がった結果・・・。成功する人は絶対にしない3つの共通点

ボーっとこの記事を見て、ちょっと思うことがあったのでシェアします。 https://twitter.com/netgeek_0915/...