レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

辛い仕事が楽しくなる!新入社員が覚えておきたいビジネスマナーTOP5

  仕事

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-0I9A858415070153yuka-thumb-1000xauto-18976

これから新入社員として会社で働くようになる。そんな時に、社会にはビジネスマナーというなんともめんどくさいルールがいくつも存在します。

しかし、ゆとり世代とも言われる新入社員の人達は、おそらくそういったルールを教わってきていませんし、別に必要ないと思っているのかもしれませんが、やっぱり社会に出て長く働いている人はそういった新入社員を見て「やっぱりゆとり世代は」なんて思ったりするわけですね。

しかし最近ではそういったゆとり教育があるのも理解をしていて、ガチガチのルールで縛られていた会社も、ずいぶんと緩くはなってきているようなので、特に気にせずに仕事を出来る環境が出来ているのかもしれません。

 

しかし、そんな中でも逆にしっかりとしたビジネスマナーを身につける。ちょっとした気遣いが出来ると、そのギャップで「おっ!こいつ出来るな?!」と、高評価をもらうことが出来るかもしれません。

社会のルールは確かにバカバカしく感じてしまったりめんどくさいと思うようなものもありますが、周りの同期達が全員そう思っている中で1人だけしっかりとマナーが出来ていたら、周りよりひとつ頭を出すことが出来そうですよね。

というわけで、ビジネスマナーは数多くありますが、その中でも最低限知っておきたいこと。そして、これが出来ると先輩や上司に「おっ」と思わせることが出来るようなことをまとめてみました。

1,常にメモを取る

仕事を教えてもらう時には一度聞けば大抵分かりますよね。また、暗記したいことがあるならわざわざ書かなくてもスマホで写メを撮って後で見返せばいいだけなので、そうする人も多いと思いますし、そっちの方が効率的に見えます。

しかし、それでも会社ではメモを取るようにしてみましょう。小さなメモ帳を買ってきて、ペンを挟んでいつでも出せる場所に入れておいて、常に持ち歩くようにしましょう。

「メモなんかとらなくても聞けば分かるしスマホがあるじゃん」と思うかもしれませんし、「どうせメモっても見返すことはないから意味ない」と言う人もいるかもしれません。

しかし、会社の中ではそれがどうあれ、「メモを取る」という行為自体に意味があるようです。

 

まずいちいち細かいことでもメモを取る。ちょっとしたことでも紙に書いているあなたの姿を見ると、「ちゃんと覚えようと努力してるんだな」と思わせることが出来ますし、仕事を頑張っているアピールが出来るんです。

また、聞いたことをもし忘れてしまった場合にいちいち聞き直していると怒られることがあるかもしれませんが、そんな時にはメモを見返せばすぐに確認することが出来ます。

あとちょっといやらしい技ですが、わざとメモを人目に付くところに置きっぱなしにするという高等テクニックもあります。先輩がふとメモを見て汚い字でもビッシリと書いてあるところを見れば感動モノですね。

さらに、メモに書くことはアウトプットになるので、ただ話を聞くだけじゃなく実際に紙に書くことで忘れづらくなるというメリットもあります。

 

ポイントをまとめると、

細かいことまでメモを取ることで仕事を必死に覚えようとしているアピールが出来る。

さらに自分自身も覚えやすいし、分からない時は見返すだけで確認が出来、ミスも少なくなります。

ちょっとめんどくさいかもしれないし、メモを取る必要がないと思っている人もこれだけのメリットがあるのでやらないよりはやった方がポイント高いです。試してみて下さい。

2,返事のバリエーションは3種類

話を自分がするよりは人の話を聞く時間の方が多いのが新入社員なわけですが、その時には「ちゃんと聞いてますよ」ということを伝えるために必ず相づちをうつようにしましょう。

そして、その時の相づちなのですが、返事のバリエーションの基本はこの3つだけです。

  1. はい
  2. わかりました
  3. ありがとうございます

基本はこの3つを組み合わせて相づちをうちます。意外に少ないと思いますし、返事なんて自分の言葉で返せばいいとも思いますが、仕事であり教えてもらう立場である異常は、真面目な態度でいる必要があるんです。

また、ここで使ってはいけない3つの相づちもあります。あなたも普段つい使っていないかチェックしてみて下さい。

  1. はいはい
  2. 了解です
  3. なるほど(なるほどですね)

1,は当たり前ですよね。「はい」は一回ですし、また「はぁ〜い」と伸ばしたりすることもいけません。

2,は意外と使ってしまいがちな表現ですが、「了解」という言葉は本来目下の人に使う言葉です。

大げさに言うと先輩に向かって「おバカさんですね」と言うようなもので、「お」を付けようが「さん」を付けようが「バカ」は目下に使う言葉ですよね。同じように「です」や「しました」を付けたとしても「了解」は適切な言葉ではありません。

3,も使いがちな言葉ですが、あまり適した言葉ではいけません。色々教えてあげた時に「なるほど〜」と言うと、なんだか自分に関係のないようなニュアンスに聞こえてしまうようですね。また、「なるほどですね」なんて日本語はありませんので使わないように注意。

 

正しい日本語や敬語はとても複雑で難しいですよね。私もつい間違った日本語を使ってしまいますし、完全に覚えるのは大変だと思います。

なのでそこまで気にすることもありませんし、指摘された時に直す程度でもいいとは思うのですが、最低限返事くらいは出来るようにしておくとトラブルも少なく、先輩から気に入られるポイントもアップします。

3,言い訳より先にまずは謝る

明らかに自分は悪くないのに理不尽なことで怒られることってありますよね。そこではちゃんとこっちの言い分を伝えようとするんですけど、「言い訳するな!」なんてさらに怒られてしまうことがあります。

納得出来ないし、なんで自分がこんなに怒られなきゃならないんだと思うのは痛いほど分かりますし、私ももちろんそんな経験がありました。しかし1つ知っておきたいことがあります。それは、怒られることも新入社員の仕事だということです。

仕事に限らず学校や部活など、なんでも初めたての頃は失敗ばかりしてしまうのは当たり前ですよね。どんな人だって初めから出来る人なんでいません。つまり、入ってすぐは怒られることは必然。言うならば怒られるのも仕事内容のひとつに入ります。なので怒られたからといって評価が下がると不安になる必要もないんです。

 

先輩はただ怒っているだけではなく、その反応を見ようとしています。何かトラブルがあった時に、あなたは逃げるタイプなのか、突っかかってくるタイプなのか、ふてくされるタイプなのか、自ら責任を被るタイプなのか。

そして怒られた時にしたい反応は、自分が悪くなくてもまず最初に謝る。そしてふてくされずに、仕事で見返してやるという情熱を持つこと。そうすると怒った相手も、「大変だけど前向きに頑張っているな」とちゃんと見ていてくれます。

怒られないようにするのではなく、怒られた時には誠意を見せるチャンスだと思いましょう。また、他人のせいでもあなたが自分のことのように言い訳をせずに謝れるようなら、責任者としての能力も認められて出世間違いなしかもしれません!

4,質問する時にはルールがある

仕事で分からないことがあって先輩に聞くと、「この間も言ったよね?」「そんなこと自分で考えろ!」と怒られた経験がありませんか?

そして、言われた通り次からは自分で勝手に仕事してミスをしてしまった日には、「分からないならなんで聞かないんだ!」「適当な仕事をするな!」と怒られ、まさに言っていることが矛盾していて何をどうしたらいいか分からなくなりそうです。

ではそんな時はどうすればいいのでしょうか。それは、勝手にやらずに先輩に聞くのが正しい方法です。その代わり、それにはひとつのルールがあります。それはまず自分の考えを言ってから意見をもらうという聞き方です。

 

「こういったことがありまして、私は◯◯だと思うんですけど、先輩の意見を頂けませんか?」

「こんな時にどうしたらいいですか?私はこうだと思ったんですけど上手くいかなくて・・・」

こう言った言い方をすると、まず自分はただ答えを求めているだけではなくて出来るところまでは自分で頑張ったという証明が出来ます。

また、意見を聞くということで、先輩を選んで頼っているという印象を与えることが出来ます。先輩も悪い気はしませんよね。

 

怒られた時にはそのままやけにならずに、言い方ひとつ変えるだけで上手く関係を築いていくことも出来ます。正面からぶつかってストレスをためるのではなく、頭を使ってうまくやっていきましょう。

5,「ごちそうさま」は次の日に言う

ちょっとした気遣いでも印象や仲が大きく変わってきます。例えばあなたが誰かにプレゼントをしてあげた時に、想像以上に喜んでくれた時、あげてよかったなと、ヘタしたらもらった相手よりもあげた自分の方が嬉しくなることってありませんか?

なにか仕事を手伝ってもらったり、ご飯やお酒をおごってもらった時には、それが当たり前だと思わずに、その場でまず「ありがとうございました」とお礼を言いますよね。

そこでポイントなのが、このお礼は翌朝にも言いましょう。正確には次に会った時ですね。第一声に、

「昨日は(この間は)どうもありがとうございました」

と伝えましょう。

 

すると、わざわざ日が変わっても覚えててくれたのかとやはりおごった方も嬉しくなります。そしてまた何かしてあげたい、助けてあげたいと思ってくれるようになるでしょう。

こうしたちょっとした気遣いでもしっかりとすることにより職場での人間関係も良くなり、結果めんどくさい仕事も楽しくなります。

まとめ

以上、新入社員が知っておきたい5つのビジネスマナーでした。

仕事はめんどくさいと思いながら、楽をしようとばかり考えていると、もっとめんどくさくなっていきます。

しかし、逆にちょっと張り切って、頑張ってみるかと行動してみると、実はその方が楽しくなってくるんですよね。

是非仕事で悩んだ時には使えそうなところから実行してみて下さい!

 - 仕事

  関連記事

PAK86_konnyanonomikai20131223500
仕事が出来ない人はここに気をつければ大丈夫!5つのポイント

仕事が出来なくていつまで経っても怒られてばっかり。そんなつらい日が続くと仕事に行くのも鬱になり、辞めたい病にかかってしまいます。 しか...

PAK56_mahousyoujyo500
いま注目の自由業とは?!自営業とは違う5つの職種をまとめてみた

自由業って言葉を聞くことがあります。 なんか自由って言葉が付いているので、とっても気になる職業でもありますが、実態は謎ですよね。 ...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-01-LISA99_MBA20141018102742500-thumb-1000xauto-5891
パソコンがあれば誰でも簡単!意外に高収入な自宅でできる仕事ランキング5

「空いた時間にちょっとお小遣い稼ぎをしたい。」 そんな時に今までは日雇いのバイトを探したりしていましたけど、本業がある人は体力的も辛い...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-Green24_12gatu20141123114330-thumb-1000xauto-17857
フリーランスがレンタルオフィスを使うべき6つのメリット

今の時代ではパソコン1台あればビジネスが出来るようになりました。 そんな起業スタイルの変化から、店舗や事務所のスタイルもまた変わってき...

KOKO85_peacetwint500
当てはまってたら要注意?!営業が苦手な人の7つの共通点!

  こんにちは起業マンです(`・ω´・)ノ" 営業が得意な人と苦手な人がいます。僕も始めは苦手でした。 日によっ...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-0I9A114915030133prezen-thumb-1000xauto-18949
商売上手は知っている!儲かる商売を探す時の10つの見つけ方

「将来独立したい。自分でなにか商売を始めたい。」 そんな風に思っている人も多くいると思いますが、今までにそういった経験がない人や、特に...

YUKA150701038569_TP_V
周りと差を付けろ!新社会人が知っておくべき16のコト

長かった就職活動も終わり一安心。これから始まる新しい生活に期待しながらワクワクしている人も多いかもしれません。 しかし、いきなり酷な話...

誰でもカンタン心理学をマスター!仕事で使える8つの極意
誰でもカンタン心理学をマスター!仕事で使える8つの極意

営業職を始めとする全ての仕事にも使える技術が心理学ですよね。相手の心理を読み取りベストな方向に誘導出来る技術があれば全てのコミュニケーション...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-YUKA863_korekore15202501-thumb-1000xauto-19064
接客業でストレスを抱える人へ!仕事が楽しくなる9つのコツとマナー

日本の徹底したサービス、おもてなし精神は世界から見てもちょっと異常だと言われるくらい水準の高い接客を誇っています。 自分はあまり気にな...

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-07-OOK863_neccyusyou-thumb-1000xauto-18743
人間関係が原因で仕事に行きたくない人のための具体的な6つの対処法

「人間関係が最高で早く仕事に行きたぁい!!」 ・・・なんてそんな人はまぁいませんよね。仕事とは行きたくないものです。 そして、そ...