レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

当てはまってたら要注意?!営業が苦手な人の7つの共通点!

  仕事

営業が得意な人と苦手な人がいます。僕も始めは苦手でした。

日によって取れたり取れなかったり、取れてる時はいいけど取れなくなると毎日辞めたくなって仕事が辛くなりますよね。

そして色んな出来る人のマネをしてみたりしたんですけどなかなかうまくいかない・・・。でもそんな時にある気付きから取れない地獄から抜け出せた時がありました。

それは得意な人のマネをするんじゃなくて、苦手な人の共通点を見つける。

取れないと悩んでる人の多くはついやってしまっているクセがあります。そしてそれは自分自身にも当てはまりました。

苦手な人の共通点から自分もついしていないかを確認して、取れないループから一刻も早く抜け出しましょう!!

data-ad-format="rectangle">

1、全員から契約を取ろうと思っている

一回一回全力で営業をかける熱血営業マン。

やる気に満ちていてとてもいいですがこれだと取れない時のダメージも大きくなり落ち込んだら抜け出せなくなりあっさり辞めてしまうパターンの人が多いですね。

モチベーション維持が営業にはなにより大切なことです。仕事は長距離走ですから毎日全力疾走じゃ疲れちゃいますね。

2、9割自分が喋っている

苦手な人は自分が喋らなきゃいけないと思っています。

商品の良さ、メリットをパンフレットの端から端まで読み上げ必殺の落とし文句で延々と口説き落とそうとします。

しかしこれもまた疲れてしまいますね。そして慣れてくると喋るスピードが早くなっていきます。

自分は何度も同じ話をしてるので端折ったりもします。これだと相手は毎回あなたの話を始めて聞くのですからもう何がなんだかわかりませんね。契約にも繋がりません。

3、取れなかった時にため息をつく

取れない地獄が続くとさらに取れなくなります。なぜならモチベーションが下がっているからです。

モチベーションが下がると、見込み客にも「どうせこの人もダメだ」と、あと一押しで落ちる人も見逃してしまいます。

取れない時にため息をついてたり落ち込むのは当たり前ですが、これもまた取れない人の共通点に当てはまってしまいます。

4、ライバルがいない

一人の世界に入って淡々と黙々と仕事をする人がいます。

特に営業という仕事は孤独でいると落ち込みやすくなりますし、なにより数字でハッキリと結果が出る世界です。ライバルがいるのといないのとではまったく世界が変わります。

ちなみに僕は届きそうで届かない先輩をライバルとして「抜いてやる」と思いだした時から結果はグンと伸び、なにより仕事が楽しくなってきました。

取れない人たちはライバルは作らず自分は自分。怒られない程度に取れてればいいやという気持ちで働いているので怒られる位取れない状況に陥ります。

5、知識をつけないといけないと思っている

よりレベルを上げるには勉強が必要だ。商品説明会にも出て、話し方が上達する本を読む。

これは義務教育を長く受け続けて洗脳されている思考です。実際に契約を取るために知識はあまり必要ではありません。

しっかり勉強して知識を付けた人は本番で知識を思う存分披露しますが、お客さんは疲労します(・ω・)

専門的な難しい言葉を使う営業はカッコはいいかもしれませんが相手に伝わらないので、契約を取るという意味では必要がありません。

6、自分自身が難しいと思っている

商品・サービスの内容自体を難しいものだと思い、さらにそれを契約させるのはかなり難しいと自分が思っている人は取れません。まぁ難しいと思っているから苦手と感じるんですけど。。。

人が何かを伝えた時に、言葉の内容自体はほぼ伝わりません。意味は伝わりますが感情が伝わりません。

大袈裟に例えると、ボソッと「大変だ」とつぶやくのと、息を切らして汗だくになり「大変だ」というのとでは言葉は一緒ですけど相手が受け取る感情が違いますよね。

難しいと思っていながら「カンタンですよ。契約しましょう」と伝えたところで、あなたの伝え方や表情などから相手は「なんだか難しいそうだ。やめよう」と思われてしまいます。

どんなに重大なことでもサラッと当たり前のように言われたら「あぁそんなもんなのか」と思ってしまうことってありますよね。

7、お金のために働いている

多くの人はお金のために働いています。当たり前ですよね。仕事なんてやりがいもないし会社に貢献してもメリットないし、一生やる仕事じゃないかもしれません。

しかし、取れない人のほとんどはお金のために働いているのも事実です。

そして営業のスキルを身につけ、なんのために営業するのかを学び、会社への貢献やお客さんの喜ぶ顔にやりがいを見つけて働くようなめんどくさいコトをすることにより逆に仕事が楽になるというサイクルが生まれます。

めんどくさいコトほど一生懸命やった方が結果楽になる。わかっていても実践するのは難しいですよね。

でも、働く内容も仕事量も変わらないならダラダラやるよりちょっと楽しみ見つけてみるか!という位でも始めてみればなにか変わるかもしれませんね。

まとめ

以上が営業が苦手な人の共通点でした。

もし当てはまるものがあれば、それを改善すれば取れない地獄のループから抜け出せるかもしれません。

 

他にも11つの必殺セールストークトップセールスマンの12の共通点も紹介しています。

営業は取れれば楽しくてカンタンで給料のいい素晴らしい仕事です!マスターして毎日楽しく仕事をしていきましょう!!

 - 仕事

  関連記事