レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

思わぬところで発見!ビジネスチャンスの7つの見つけ方とは?!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-DI_IMG_5763-thumb-1000xauto-17887

ちょっとでもキッカケが合ったらすぐにでも起業したい。

そんな人生一発逆転出来るようなビジネスチャンスを常に探している人も少なくないと思います。

しかしそんな夢のようなチャンスは一向に現れず変わらぬ日々を過ごす毎日・・・。

 

だけど、ちょっとまって下さい!!

実はビジネスチャンスは生活の至るところに転がっていたんです。

ですがもちろん自宅のチャイムを押してチャンスの方から転がり込んでくるなんて話は何かの勧誘くらいしかありません。チャンスはそう、自分の目で見つけて、自分の手で掴むものです。

 

というわけで、今回はそんなビジネスチャンスはどこに潜んでいるのか。どうやって見つけるのかを7つにまとめてみました。

常にアンテナを貼っていれば、あなただけのやりたいことに出会えるかもしれないので、是非これらを参考にして探してみて下さい。

それでは紹介していきます。

1,Twitterトレンド

まず定番なビジネスチャンスといえば、トレンド入りするようなものの中にあります。今ではTwitterトレンドが定番です。Twitterトレンドとは、Twitterで多くつぶやかれていることをリストにしたもので、最近流行っているものを簡単にチェックすることが出来るんです。

流行っているもので、それに関連するようなビジネスを思いつくことが出来れば大きなビジネスチャンスになります。

 

また、注意したいのは流行りモノといってもすぐに廃れてしまうようなものでは一発で終わってしまう恐れがあります。また、オリンピックなども個人が参入するには難しいですね。

なので、定期的に注目されるようなものであれば安定したビジネスになります。

2,ライバルが多い場合はライバル相手の商売をする

マーケットは大きいけどライバルが多すぎて入り込む隙間がない。そんな時にはターゲットをライバル達に向けることで新たなビジネスチャンスが生まれます。

ゴールドラッシュで一番儲けたのは金を掘り当てた人よりもスコップを売った人だと言われています。ライバルが多い場合は、真っ向から競争するのではなく、スコップ。つまり、そのためのツールやノウハウを売る。そういった発送の転換でビジネスチャンスが生まれます。

3、ニッチなターゲットを狙う

ビジネスチャンスはあれども大きくなりすぎて、もうチャンスが残っていない。そんなマーケットでは、ターゲットを絞ることで新たなチャンスが生まれます。

例えばファッション業界の歴史をたどると、服屋なんてどこにでもあるので参入しやすくはありますが、もうチャンスが残っていません。

そんな時に成功したのは「専門店」でした。例えばTシャツ専門店。また、XLサイズ以上の大きいサイズ専門店です。一見、ターゲットを絞ることでそれ以外の客を逃してしまうような気がして儲からないと思うかもしれませんが、その分マーケット自体が大きければ、しっかりと儲けることが出来ます。

 

客目線で考えてみると分かりやすいですね。あなたが美味しいカレーを食べたい場合、ファミレスとカレー専門店のどちらに行くでしょうか。ノートとペンを買いたい時にはコンビニより文房具屋に行くと思います。また商材自体もそうですね。例えばシャンプーなども「乾燥肌用」と書いてあってもし自分が当てはまればつい手が伸びると思います。

専門店と言われるだけでその商品についてよその店より詳しいイメージがしますし、種類も豊富で質もいい気がしてきます。つまり、一般的に流通しきっているマーケットの商品も専門店にするだけで一気に差別化が出来るわけですね。さらに逆を言うと今の時代なんでも屋さんは儲からないということにもなりそうです。

マーケットのリサーチは重要になってきますが、ありふれたビジネスでもターゲットの隙間を探すことによりビジネスチャンスを見つけることが出来ます。

4、悩み系

ビジネスアイデア探しの基本は悩みです。「こんなものがあったらいいのにな」を解決出来ればビジネスになります。

今あなたの悩みや願い事を無数に書き出してみましょう。これらの願いをひとつでも叶えることが出来ればビジネスチャンスになります。

 

最近では代行サービスというユニークなビジネスがたくさん生まれていて話題になっています。例えば

  • 宿題を代わりに手伝う「宿題代行サービス」
  • あなたの変わりに謝りにいく「謝罪代行サービス」
  • 恋人になりきる「彼女(彼氏)レンタル」

これらも常識を捨てて純粋に悩み事を叶えてくれるようなビジネスを模索した結果ですよね。

「夏休みの宿題が終わらない。誰か代わりに手伝ってくれないかしら」

を実現させたのが宿題代行サービスで、賛否両論ありますが実際にビジネスとして成り立っているものです。

5,付け足す

ビジネスを始めるにはなにかデカイことでないといけないと思う人が多いですが、これらは実は些細なことでも全然構いません。

たとえば、占いのビジネスをする際。占いなんてどこにでもありますが、「もっと気軽に安く出来る」占いはどこにもありませんよね。

それを実現させて、オンライン上で気軽に安く提供したところ、これもまたヒットしました。

 

あなたが出来ること。それがありきたりなものでも、ちょっと付け足して付加価値を付ければ新たなビジネスチャンスが生まれます。

6、常識を覆す

多くのビジネスチャンスは常識を覆すことにより生まれました。

例えばコンビニですね。昔は24時間営業なんてありえないと言われていました。なぜならその分人件費もかかるし、深夜なんて人も来ないから売上も上がらないだろうし、電気代などのコストが半端無くかかる。とても非効率的なビジネスプランだとほとんどの人が批判しました。

しかし、実際初めて定着してくると、深夜の需要というよりは、「いつでも開いている」というイメージが付いて、とっても身近なものとなりました。それにより今ではどこにでもあるほど展開しましたよね。

 

またケータイビジネスの話も有名です。まだケータイがない頃にケータイビジネスの話を持ちかけるとほとんどの人が「自分用の電話?いらないよ!家に1台電話があるし外には電話ボックスがあるじゃないか」と誰も関心を示しませんでした。

しかし今ではご存知の通り、小学生から高齢者まで1人1台以上も持つ時代になり、まさに常識を変えた結果の大成功だと言えます。

 

もちろんここまで大きく常識を覆すのは資金も時間もかかりますが、もっと身近な常識からでも変えることが出来ればビジネスチャンスとなります。

7,誰もやっていないこと

もしビジネスチャンスがあっても、多くの人がそのビジネスチャンスを探しているわけです。つまり、たくさんの人が見つけて群がった時点でもうチャンスではないんですよね。

ではどんなものにチャンスがあるのか。それは、誰もやっていないようなこと。周りの人が見向きもしないようなことに実はチャンスが隠れています。

「これは儲からないだろー」

「これはビジネスとして成り立たないだろー」

と多くの人が言うようなことを、もう一度見返してみましょう。そしてどうやったらそれをチャンスに変えられるか。チャンスに変える方法はないかと試行錯誤してみましょう。

誰もやっていないようなところからチャンスを作り上げる。そうして、もし形としてつくり上げることが出来た場合、競合のいない市場を独り占めすることが出来ます。

まとめ

以上ビジネスチャンスを発見する7つの方法でした。まとめると、

  1. 流行りから探す
  2. ライバルを客に変える
  3. 専門店にする
  4. 悩みを叶える
  5. 付け足す
  6. 常識を覆す
  7. 誰もやっていないこと

でした。

ビジネスチャンスはちょっとした何気ない会話や、フトした出来事で見つかります。しかし、一番重要なのはそれを形にしてみること。つまり「行動する」ということです。

実はたくさんあって選びきれないビジネスチャンスの全ては実際にビジネスとして成り立つんです。

しかし、もちろんそのまま初めても上手くいくはずがありません。まずは初めてみて、試行錯誤しながらそのビジネスアイデアを作り上げていくイメージです。

 

そしてそれは机上の空論であってはいけません。実際に始めながら育てていくことで、本当に儲かるビジネスアイデアになっていくのだと思います。

 

「だけど実際始めるにはリスクが高い」

もしかしたらこのように、失敗を恐れてなかなか動き出せない人もいるかもしれません。

が、そんな時には、インターネットビジネスから初めてみるのをオススメします。

 

思いついたサービスや商品をいきなり店舗にして売るのはかなりのリスクがありますし、資金も必要です。

しかし、インターネットを使えばネットショップなら無料で、今日から始めることも可能です。

ビジネスアイデアを見つけたらまずは初めてみる

「これもしかしたら儲かるかもしれない」

そう思った時に、まずは本当に儲かるのかのプランを立ててみます。また、マーケットの調査も欠かしません。

そして、ライバルをチェックし、実際にビジネスにしていくために必要な勉強を始めます。

 

と、もしこう思っているのであれば要注意。これらはまったく意味がありません。なぜなら、やってみないと全て分からないから。

もしかしたらそのまま出してあっさり売れるのかもしれないし、勉強したり準備したからといってそれで成功するなんて保証はどこにもありません。

 

なのでまずは、すぐにでもネットショップを作り、まず売ってみる。そして反応を確かめてみる。改善点が見えてくれば変えてみて、そして、売れるまでテストをしながら試行錯誤してみる。

そして分からないことが出てきた時に初めてそこで本を買うなりして勉強をします。こうすることで非常に効率的にビジネスを始められますよね。

そして結局失敗してしまってもまた商材を変えて始めればいいだけ。無料なので借金を負うリスクもありませんし、行動して実際にビジネスを初めてみたことで、経験値になります。

 

ほとんどはビジネスチャンスを見つけてもそこで終わってしまいます。失敗しても関係ない。成功しなくても問題ない。

まずは初めてみることに意味があります。是非チャレンジしてみて下さいね。

無料でネットショップを作るなら↓

BASE
“"

 

 - アイデア

  関連記事

MAX87_uewoyubisasuha-hu20140531500
起業する方法!!思い立ってから始めるまでの超簡単4ステップ!!

「よし!起業しよう!」 そう思い立っても、起業してる人は周りにたくさんいるわけではないので、具体的には何をすればいいのか分からないし気...

MS251_nazedekinai500
起業したいんだけどおすすめの業種ある?アイデア見つからないならココ!

「一生雇われで働き続けるのはいやだ」 「上司に気を使わずに自由に生活したい」 「給料も上がらないしもっと稼ぎたい」 「起...

image
アイデアで迷ったら?!得意なことで起業出来る職業適性診断

「起業したいけどなにをしようかなー?!」 そんな風に迷った時にいろいろアイデアを探すんだけど、なにか見つけてもピンと来なかったりしませ...

MAX98_naniittenda20140531500
起業アイデアはくだらない話から生まれる!?2chで出てたネタまとめ!!

2chに「起業したいんだけどアイデア下さい」系のスレがたつとよく見ちゃうんですけど、これやったらスゴイかも!?ってネタが結構あります。 ...

Green5_bite20141123160246500 (1)
【保存版】本気で選んだ50の起業アイデアを大公開!!

「起業したいんだけど、なんかアイデアある?」 起業と聞いてどんなことを思い浮かべますか? 自分のお店や事務所を持つ  一攫...

OOK58_kokosugokuyokuderutokoro500
これ使えそう!?ビジネスプランコンテストの気になるアイデアの例まとめ!

ビジネスプランコンテストって知っていますか? 主に学生達が考えた起業アイデアを競うコンテストなんですけど、 実際にそのアイデアで...

PAK85_lalamaittawai20140321500
起業ネタの探し方をもっと具体的に手取り足取り教えて下さい!という記事

「もういっそ誰か代わりに見つけて!」   起業ネタを見つけたい。 けど見つからない。 起業ネタさえあればや...

image
隙間産業は最大の武器!!成功した6つの具体例!!

こんにちわ起業マンです(`・ω´・)ノ" ニッチ市場とも呼ばれますけど、「すでにある業界のスキマ、まだ誰もやっていないモノを探して起業...

image
【最新版】起業マンが選ぶおすすめ業種ランキングTOP10!!

起業したいんだけどどんなことで起業したらいいんだろう?? そう思いたった時にネットで色々調べてみるんですけど、参考になる情報って少ない...

KOKO85_peacetwint500
実践偏で詳しく解説するよ!起業したい人おすすめの業種ベスト3!

こんなに面白そうな業種があったんだ!?   起業するならどんな事をしますか? なにかいいアイデアないかな? ...