レッツ起業

起業に関する情報やノウハウ、行動方法などのシェアをし、起業という道を目指す人の手助けをしていくサイト

営業が苦手な人の共通点!?テレアポが少し楽しくなる3つのコツ!!

  仕事

「お忙しいところすいませんわたくブチッ・・・」

 

電話営業でなかなか契約が取れない・・・。

つらい。かけるのが怖い。繋がらなかったときにホっとしてしまった。
そんな人も多いですよね。絶対契約を取れる方法はありません。
でも少しでも契約率を上げることは出来ます。

テレアポという仕事が笑いが止まらないほど楽しくなる事は難しいですが、不満や不安を感じずにストレス無く働けるようには出来ます。

ちょっとテレアポが楽しくなる3つの方法。
参考に出来るものがあれば取り入れてみて下さいね!

data-ad-format="rectangle">

1、スクリプト通りにはやらない

まずは基本。それが身についてから応用していくのはあたりまえですよね。
取れるまでまずはその会社のスクリプト通りにして見てやります。
しかし、取れないスクリプトというものがあります。
それは、客のセリフが載っているスクリプト。

 

自分「是非お客様にも使っていただきたいのですがいかがでしょうか?」
お客「うちはもう他で使ってるんで」
自分「みなさんそういわれるんですが、弊社の商品は他社のと比べて○○で××なんです」
お客「そうなんですか?じゃあ試してみようかしら

 

こうなれば最高ですけど、

「取れなくて悩む」ってことは「こうはならない」ってことですよね。

全員に切り返せる言葉なんてありません。
断ってくる人の数だけ断りの理由があります。

それを察し、引き出し、解決する応用能力が一番必要です
それを身につけるためにもスクリプトを早めに卒業し、自分なりの案内を見つけて行きましょう。

 

2、やり方は人それぞれ

僕の場合は
「こいつこんな見た目で、敬語もめちゃくちゃなんだけどなぜか取れるんだよ」
と良く言われてました。テレアポで見た目は関係ないだろっ!とつっこみたいですけど笑

そして周りにはアレンジの加えすぎで周りとは全然違う言い回しで契約をあげる人もいましたし、
年配の方に友達言葉で「これクレームくるんじゃないか」っていうくらいヒヤヒヤするトークの人がいましたが、よくお客様からプレゼントが届いていて人気者でした。
落ち着いたトーンで、丁寧にやさしいトークをする人もトップレベルに契約を取っていました。

まだ取れない時、いろんな人のをマネしましたがなかなかはまらず、
また見ての通り、取れてる人のやり方がバラバラすぎてどうすればいいかわかりませんでした。
そして一周周って気付いたのが、自分らしいトークを見つけること。
真面目な委員長キャラはきちんとしたしっかりトーク。
おちょうし者の元気キャラは少し崩しても親身に元気にいくのが一番いいです。

真面目キャラにタメ口きかれて少しイラっとすることありませんか?笑
またおちょうし者が必死に綺麗な敬語を使おうとして話してる時って妙に違和感がでますよね。
正解はないので、自分自身のキャラにあったトークを磨くのがなにより持ち味をいかせます。
それを見つけるには「自分自身一番違和感のないトーク」がそうですね。
自然体の話し方を見つけることです。

特におじいちゃんおばあちゃんや、子供としゃべる時の自分が一番いいトーンで話せている時だと思います。
思い出して実践してみて下さい。

3、間を使う。

あせって心拍数が上がってしまう人がいます。
間が空くのを不安に思い、一生懸命しゃべり続けて、電話を切ると少し息切れしてしまうような。
これだと疲れてしまいますよね。

そして、初めに「あ」を付けてしまう人。

あ、お忙しいところ失礼します。
あ、ですが当社の商品は
あ、ありがとうございます。

これは相手の反応にすぐさま反応をしないと
「知識がないと思われる!怪しいと思われる!」
などと慌て、間を埋めるために発する「あ」です。

これがあるだけで相手が受け取る印象が大きく変わります。

当たり前ですけど落ち着いている人から話を聞きたいですよね。
それには「あ」の部分を「間」にします。
自分が一番におそれていた「間」を逆に作ってみましょう。

…お忙しいところ失礼します。
…ですが当社の商品は
…ありがとうございます。

なにか只ならぬ落ち着きを感じませんか?

少しの間を使いゆっくりと話すことで安心を与えることも出来ますし、
そして自分自身疲れません。
取れない人は一生懸命言葉を増やして頑張るほど取れなくなります。
取れる人は取れてるから落ち着いているのではなく、落ち着いて話しているから契約を上げれるのです。

間を使えない人を「まぬけ」とも言いますね。
間を恐れずズッシリと構え、自分はトップセールスマンなんだという気持ちで話してみましょう。どうせ相手からはこちらの姿が見えません。

 

まとめ

テレアポ営業で心を動かすには何を話すかよりもどう話すかとはよく言いますね。
とくに電話営業はオレオレ詐欺の影響でかなり警戒されている今ですから、
話の内容がどれだけ良くても。いや、良ければ良いほど警戒心を強めるかもしれません。

しかしそんな電話では怪しまれる時代だからこそ堂々と、まったく恐れずに案内をする。
その時に始めて安心感を与え、話を聞く体制になってくれます。

そしてなによりそっちの方が仕事が楽じゃないですか?
がむしゃらに働くなといっているわけではなく、
がむしゃらに頑張るべきはそれ以外の言い回しの勉強や、取れている先輩にやり方を聞くというところ。

実際に荷電しているときは
一生懸命さを出さず、リラックスして案内をしてみるようにしましょう。

こっちのほうが疲れないし、ストレスも軽くなりますし、契約もいまよりもっと上がりますよ!!

 - 仕事

  関連記事